Yahoo! JAPAN

大原優乃、漫画『炎炎ノ消防隊』作者・大久保篤に絵の描き方を学ぶ! 初コラボ動画公開

Pop’n’Roll

大原優乃、漫画『炎炎ノ消防隊』作者・大久保篤に絵の描き方を学ぶ! 初コラボ動画公開

大原優乃が、本日11月30日(火)19:00より自身の公式YouTubeチャンネル『ゆーのちゅーぶ』にて、漫画『炎炎ノ消防隊』(講談社『週刊少年マガジン』連載)の作者・大久保篤とのコラボ動画を公開した。

大原は、漫画『炎炎ノ消防隊』の大ファンであるとSNS上で明かしており、世界累計発行部数1500万部突破を記念した際には、『週刊少年マガジン』25号(講談社)にて同作に登場するキャラクター・タマキのコスプレを披露。

また、大久保との対談企画によって、現在2人はプライベートでも一緒にゲームをするほど親交を深めている。

今回の動画では、“絵を描くのが苦手”と話す大原に、大久保が絵を上手に描くコツをレクチャー。

大原は、大久保からスケッチブックに“猫を描いてください”と言われると、大胆に猫の顔のみを描写。それを受けて、大久保から“身体は? 身体でけっこうセンス問われるから”と、さらに課題が課せられる。

出来上がった絵を見た大久保は、少し考えながらも“LINEのスタンプに使えそう”と高評価。大原が描いた猫に吹き出しをつけることにすると、なぜか“あばよ”というセリフを入れ、シュール感が増した個性的な作品に仕上がった。

その後、大久保が猫の絵のお手本を見せ、“立体を取れればウマくなる”とアドバイス。そして“絵を描くのが苦手な人はiPadを使うと楽しく描けるよ”という助言のもと、iPadでイラストを描くことに。

iPadでは、女性キャラを描くことに挑戦。猫の絵で見せたシュールさを大幅に超える衝撃的なタッチに、“あぁ、そうか……”と大久保もウマくフォローができなくなり、ついに“まぁ、いいや……”とお手上げ状態になってしまう場面も。

さらに、大原が“もし大久保先生の作品に私が存在するとしたら、どんなイラストになりますか?”と尋ねると、キャラクターを描いてもらえる展開に。大好きな漫画家に自身をキャラクター化してもらい、設定まで考えてもらえたことに大原は“めっちゃ嬉しい”と大感激する。

最後は、大久保がクライマックスに向けて盛り上がり中の『炎炎ノ消防隊』の今後の展開について語っている。

動画『 【炎炎ノ消防隊】作者の大久保先生にイラストを教えてもらったら...』より
動画『 【炎炎ノ消防隊】作者の大久保先生にイラストを教えてもらったら...』より

【関連記事】

おすすめの記事