Yahoo! JAPAN

“意識する異性は?” 芦田愛菜(17)がキュートに照れ笑い @第33回ジュエリーベストドレッサー賞

動画ニュース「フィールドキャスター」

“意識する異性は?” 芦田愛菜(17)がキュートに照れ笑い @第33回ジュエリーベストドレッサー賞

今月15日、東京ビッグサイトにて『第33回ジュエリーベストドレッサー賞』が行われました。
33年の歴史を誇るこのイベント。
各世代で最も輝いている、宝石の似合う著名人を表彰する賞として、今年は8名が選ばれました。

10代部門では、女優の芦田愛菜さんが受賞。
パールのネックレスがプレゼントされ、「まだ、ジュエリーを身につける機会も少なく、今日が初めて。私にふさわしいのかとソワソワしてしまうけど、背筋が伸びるような嬉しい気持ち。」と初々しく語りました。

ジュエリーは「その人の良さを引き出してくれるようなもの。大人の女性に近づける気がする。」とも話し、芦田さんにとって理想の女性を訪ねると「すごく姿勢が良く、背筋がシュッと伸びた人。ジュエリーをつけている人は、自信に満ち溢れているように見えてかっこいいと思う。」とのこと。

自身も十分、大人になれているのではないか?
尋ねると「私は大人になれたと思える瞬間が、あまりないかもしれないので頑張っていきたい。朝なかなか起きれなくて、母に叩き起こされてしまう日もあったりするので、そんな時はまだまだ子供だと思う。今日はちゃんと起きれた。」と家庭での一面も明かしました。

現在17歳、高校生の芦田さん。
年頃なので、異性のことも気になるのでは?
そこで意識している異性について訪ねると「いつかはそんな機会があったらいいな‥。素敵な方がいたらいいな」と照れ笑い。
また、来月のバレンタインデーにチョコをあげる人は「異性じゃなくて(女子の)友達に友チョコを配ったりする。毎年そんな感じ。(異性)じゃなくてすみません‥」と答え、可愛らしい笑顔を見せました。

また、40代部門では、モデルでタレントのアン ミカさんが受賞。
「本当に40代の芸能界は層があつい。過去に受賞された人もあつい人が多い。その中で、いつか私もこの賞をもらえたら芸能界で認められたことになるのかなと思っていた。今回、受賞できたことは感無量。」とほほえみました。

50代部門では、女優の真矢ミキさんが受賞。
「本当にありがたく、心の励みになった」と白い歯を輝かせコメント。
2度目の受賞となった真矢さんは、40代の頃と比べ、もらった時の印象を聞かれると「40代は調子に乗っていた。でも、今日は落ち着いている。40代の時は『キラッキラッしたいは!』と思っていたけど、やっと地に落ち着いた。」と謙虚に語りました。

★授賞式の様子は↓
https://www.youtube.com/watch?v=VdHfH…


【関連記事】

おすすめの記事