Yahoo! JAPAN

ご利益求め、福めぐり 七福神 初春のにぎわい〈横浜市鶴見区〉

タウンニュース

熊野神社で披露された市場囃子保存会の獅子舞(歴史の会提供)

区内7寺社にまつられている七福神をお参りする「鶴見七福神めぐり」が、新年4日から12日まで実施された。新型コロナの影響で昨年は中止となったガイドツアーも催行されるなど、区内外から多くの人が福を求めて区内を巡った。

七福神をまつるのは、横浜熊野神社、鶴見神社、大本山總持寺、東福寺、正泉寺、安養寺、松蔭寺の7寺社。2009年に鶴見歴史の会が発見し、11年から各寺社協力のもとスタートした。同会や区文化協会から成る、鶴見七福神愛護会が主催している。

コロナ対策で工夫

12回目となる今年は、新型コロナ対策として、御朱印が押印済みの台紙を用意。参拝日時を記録して楽しむ方式とした。

初日となった4日には、昨年は中止となった歴史の会によるガイドツアーを実施。50人が参加し、5グループにわかれて行われた。

集合場所となった熊野神社では、市場囃子保存会が獅子舞を披露。道中では、市場一里塚や鶴見橋関門旧跡など、史跡の説明を受けながら寺社を巡った。

参加者の中には、在日40年以上というアメリカ人や同じく20年というロシア人のほか、区内外からの参加者の姿もあり、同会の酒井晴雄会長は「皆さんと一緒に七福神巡りができる日が戻りうれしい」と喜んだ。

このほか、(公社)鶴見法人会らもガイドツアーを楽しんだ。

【関連記事】

おすすめの記事