Yahoo! JAPAN

「豚ひき肉を使ったメニューを教えて!」の声にママたちがおススメのレシピを紹介

ママスタセレクト

さて、今日の夕飯のメニューは何にしよう。毎日の食事作りにいそしむママたちにとって夕飯の献立に悩むことは少なくないかもしれませんね。ママスタコミュニティにはこんな投稿が寄せられました。

『豚ひき肉で何作る? 他の材料は買うとして、簡単なもの』


投稿者さんは、冷蔵庫の中にある「豚ひき肉」を使って何か作りたい! と考えているのでしょうか。ママたちから「わが家のおススメレシピ」が次々と届きました。

簡単なのにボリューム満点!包まない餃子&シュウマイ

投稿者さんの希望は「簡単に作れるレシピ」のよう。ママたちはこの声に応えて「包まない餃子&シュウマイ」はどう? と提案しています。

『最近、フライパンで作る「包まないシュウマイ」にハマってる』


『包まない餃子もあるよ』


『フライパンで作る焼きシュウマイ。子ども達にもおいしいと好評だよ』


フライパンで作る「包まない餃子&シュウマイ」は見た目も華やか、ボリューム満点のメニューです。
作り方はとてもシンプルです。まずみじん切りにした玉ねぎと豚ひき肉に砂糖や酒、ごま油、片栗粉といった調味料を加えて肉ダネを作ります。
細切りにしたシュウマイの皮をフライパンに半分を敷きつめ、その上に肉ダネを置き、残りの皮をかぶせるように乗せます。水を入れて蓋をして10分程度、蒸し焼きにすれば出来上がり。
餃子も作り方は同じで、フライパンに餃子の皮を並べて敷き、その上に肉ダネ、さらに餃子の皮をかぶせてサンドイッチに。蓋をして蒸し焼きにすれば完成です。
手作りの餃子やシュウマイの面倒なところは、1つ1つ包むところにありますよね。もちろん「それが楽しい!」「家族みんなで作れて嬉しい」というママもいるでしょうが、「包まないシュウマイ&餃子」は最強の時短といえるでしょう。

そぼろにして、そぼろ丼&そぼろあんかけ


『簡単ならそぼろあんかけ。かぼちゃにオンして』


『じゃがいもとそぼろ煮!』


『大根のそぼろあんかけ』


『里芋のそぼろあんかけが美味しい』


砂糖と醤油で仕上げる「そぼろ」はお子さんにも人気のメニューの1つではないでしょうか。かぼちゃやじゃがいもをふかして、甘辛のそぼろあんと混ぜると、それだけで立派なおかずになりますよね。野菜はレンジでチンして温めるだけでもOK。中まで火が通って柔らかくなっていたら、茹でたり蒸したりせずとも食べられます。そぼろは最後に片栗粉を入れて、とろみのあるそぼろあんにすると、野菜とよく絡まりあって食べやすくなりますよ。

『三色丼のそぼろにする』


そぼろ状にした卵、茹でたほうれん草や絹さやと一緒に盛り付ける三色丼は彩りも良いメニューです。

子どもも大好き!キーマカレー&ミートソース


ひき肉を使った定番料理もおススメのようです。

『ミートソース』


『タコライス』


『キーマカレー』


『いちばん楽チンだと思うのはキーマカレーかな』


キーマカレーにミートソース。どちらも頻繁に作るご家庭も多いのかもしれませんね。キーマカレーやミートソースの良いところは、いろいろな野菜が入れられるところ。ニンジンにピーマン、セロリなど、お子さんの苦手な野菜もみじん切りにして加えてしまえば、意外と気がつかずに食べてくれることがありますよね。わが家でもキノコ嫌いの息子に食べさせるべく、この手法でシメジやシイタケを細かくして混ぜ込んでいます。

大人向けなら麻婆豆腐・担々麺はどう?


『麻婆豆腐、麻婆茄子あたりはどう?』


『麻婆豆腐』


『麻婆豆腐。子ども向けに辛くない、鶏ガラスープベースで作って分けておいて、大人はそこに辛味を足している』


豆板醤や、ニンニク、ショウガをたっぷりと使ったメニューはお子さんが小さいご家庭ではなかなか作れないかもしれません。あとから辛味をプラスする、という方法は良いアイデアですね。

『担々麺』


大人だけのランチには、辛味たっぷりの担々麺も良さそうです。

野菜苦手のお子さんにもおススメのレシピ

少し手間はかかりますが、お弁当のおかずにもなる「野菜の肉詰め」や「はさみ揚げ」はいかがでしょうか。

『ピーマンの肉詰め』


『肉詰め各種』


ピーマンの肉詰めは、ピーマンを縦半分に切り、豚ひき肉に玉ねぎを加えた肉ダネをしっかりと詰め、肉の入った側からフライパンでしっかりと焼きます。火が通ったら、ひっくり返してピーマン側も焼けばOK。ケチャップやソースをかけて食べても良いですが、その代わりにとろけるチーズを乗せて焼くアレンジもおススメですよ。

『ナスのはさみ揚げ』


ナスのはさみ揚げは、縦半分に切ったナスに切り込みを入れて肉ダネを詰め、小麦粉、卵、パン粉をつけて油で揚げます。筆者の友人宅では、ナスが苦手なお子さんが「揚げたてのサクサクとした食感とお肉の美味しさに惑わされて!? パクパクと食べてくれる」と言います。ピーマンやナスが苦手なお子さんには「野菜の肉詰め&はさみ揚げ」はおススメですよ。

豚ひき肉の使い方は自由自在


豚肉はたんぱく質やビタミンB1を多く含み、疲労回復にも役立つ食材です。そのなかでも「ひき肉」の使い勝手の良さは、今回ママたちが教えてくれたおススメレシピからもよく伝わってきます。“キーマカレー”や“ミートソース”の「炒めるだけ」、“包まない餃子&シュウマイ”のように「乗せるだけ」、と豚ひき肉の使い方は自由自在です。
今晩のおかずに迷ったら「豚ひき肉を使って1品」、考えてみてはいかがでしょうか。
参考:豚肉|農林水産省
文・すずらん 編集・しらたまよ イラスト・Ponko

【関連記事】

おすすめの記事