Yahoo! JAPAN

夫たちが明かす…妻への愛が薄れた“モヤモヤLINE” #1「とにかく◯がツラい…!」

ウレぴあ総研

夫婦の連絡手段に「LINE(ライン)」を使っている人は多いのではないでしょうか。

そんな夫婦間のLINEのやりとりで、愛情が薄れてしまうこともあれば、逆に深まることもありますよね。

今回は、夫たちに聞いた「妻への愛が薄れたLINE」についての実録エピソードを紹介します。

ハピママ*

「俺は会社を経営しているので、どうしても取引相手との会食が多くなっちゃうんですが、その際の妻のLINEで正直愛が薄れましたね。

飲み会や会食の時に、『何時に帰ってくるの?』『まさか2軒目は行かないよね?』と、圧を感じるLINEを連続で送ってくるんです。

コロナ禍になってから、Zoom飲みをしている時も同じ家にいるのに『ねぇ、いつ終わるの?』『後でコンビニ行って欲しいんだけど』とLINEで“圧”をかけてくるんですよね。

妻が友人と飲みに行く時は俺が子どもの面倒を見ますし、いつも俺ばっかりが羽を伸ばしているわけじゃないのに…。しかも俺の場合は相手は仕事関係ですし。

言っても意味がないだろうな、と思って何も言っていない俺も悪いんだろうなぁ」(38歳/経営者)

夫との時間を増やしたい気持ちの裏返しなのかもしれませんが、そうだとしたら圧を与えるLINEをするのではなく、素直な気持ちを伝えた方が良さそうですね。

好印象のポイントは?

早く帰宅して欲しい理由や事情があるのであれば、柔らかい印象を与えるよう、『何時ごろ帰ってくるの〜?』といった文章やスタンプ、絵文字を加えるなどの工夫をするだけで好印象を与えることができるはずです。

LINEは文字だけのコミュニケーションになるので、イライラしている時こそ、いつも以上に文言や絵文字などに注意をしたいものですね。

(ハピママ*/Hanako Iguchi)

【関連記事】

おすすめの記事