Yahoo! JAPAN

今さら聞けない陸っぱりライトゲームのキホン:「明暗」の打ち方

TSURINEWS

夜釣りの一級ポイント「明暗」(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ショアの夜の釣りでは、何かと明暗ポイントが一級の場となる。とりわけアジ、メバルを簡単に釣ろうと思うなら常夜灯下の明暗だ。今回はそんな明暗の打ち方について解説しよう。

明暗とは何か

夜、空は暗い。夜釣りでは、特にビギナーのうちは明るいところを釣りたい。そこで頼りになるのが漁港などの常夜灯下という場である。漁業関係者に迷惑をかけずに釣ることができるなら、ぜひエントリーしたい。

明暗ポイントは視認が効くという以外にも、いろんな魚が密集するというメリットが大きい。それは、海中の植物性プランクトンが光合成し、増殖するからだ。自ら動く力のないプランクトンはアジやメバルにとってラクに捕食できるベイト。それを食べに集まってくる。

常夜灯の明、暗、とは何か?海面に常夜灯の光があたる部分が「明」で、あたらない部分や影になる部分が「暗」だ。常夜灯だけでなく、たとえば下のガソリンスタンドのような光が海面にこぼれて、明暗を形成することもある。

スタンドの横の「明暗」ポイント(提供:TSURINEWSライター井上海生)

光が明暗を作っているポイントでは、概して魚が「プランクトンパターン」という、プランクトンをメインベイトとする捕食パターンとなっていることが多い。ワームをゆっくりと見せ、プランクトンをイミテートする動きで誘うのがコツだ。

では、次に、明暗の明、暗のそれぞれでどのような釣り物が狙えるか、について。

明暗の「明」でアジ

明暗の「明」では、アジがヒットすることが多い。アジの中にサバも交じる。小型の回遊魚である。秋~初冬は数も型も狙える。アジングはライトゲームの中でも特殊な世界を持った釣りで、難しいときは本当に難しいので、この時期に明暗の「明」を打って釣り、感覚を掴みたい。

明暗の明でアジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

なぜ「明」にアジが密集するかは前述の通り。光によって海中の植物性プランクトンが光合成する。それを捕食するために入る。アジは回遊魚で常に泳ぎ続ける魚であり、小さな体に大量の体力を必要とするので、あまり捕食を休むタイミングというものがない。満腹近い状態になっていても、体力を予備的にチャージするために、少しでも食べておこうとする習性があるようだ。そのため、多少アタリが遠のいても、まだ釣れると思い、小さめのワームやクリア系のワームを駆使して数を伸ばしたい。

明暗の「暗」でメバル

明暗の「暗」にはメバルが入りやすい。メバルはアジと比べると警戒心が強い魚で、明暗ポイントの「暗」に隠れて潜み、壁際に漂ってくるプランクトンを捕食する。レンジは表層から中層くらいまでとなる。

明暗ポイントはライトゲームの鉄板だが、実はメバルに関しては常夜灯下にとらわれない方がいい。常夜灯下以外の方がよく釣れる。というのも常夜灯は釣り人の影を水面に見せてしまうからで、この気配をメバルは嫌う。また一度見たワームやプラグは食ってこない習性があり、常常夜灯下で粘って釣るということができない。

さらにアジが入っているときには、メバルは極端に壁にくっ付き、コースを相当タイトに打っても食わないか、ヒットしてもカサゴやタケノコメバルといった居食い&根潜りする魚になることがあるので注意したい。逆にアジが入っていない場合、そして活性が高いときには明暗の「明」でも釣れる。こういう場合はプラグでまず反応のいい個体を獲り、スレたらワームに切り替えるのが吉だ。

高活性時はまずプラグやメタルで獲る(提供:TSURINEWSライター井上海生)

基本のパターンにとらわれず

アジ、メバルと常夜灯の明暗の関係について紹介した。しかしこの基本のパターンには、あまりとらわれすぎない方がいい。さらにいえば、常夜灯下にもこだわりすぎないことだ。ライトゲーム2シーズン目以降は、真っ暗闇ポイントを狙った方が、特にメバルは釣果も伸びやすい。

また明暗パターンが逆になることもよくある。特にアジだ。プランクトンが明確に潮に押されて壁までいったり、地形変化で潮流がクッションすると、つき場所が岸壁キワになる「壁パターン」がある。「基本は基本にすぎない」ということも頭に入れておこう。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post今さら聞けない陸っぱりライトゲームのキホン:「明暗」の打ち方first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事