Yahoo! JAPAN

森麻季、第2子妊娠中に引っかかった検査「将来的に注意しないと」

Ameba

フリーアナウンサーの森麻季が28日に自身のアメブロを更新。第2子妊娠中に引っかかった検査について明かした。

この日、森アナは第2子の妊娠中に「血糖値検査に引っかかりまして…」と明かし「数値がギリギリではあったものの 妊娠糖尿病という診断でした」と告白。出産までの約2~3か月は「毎食2時間後に指に針をパチンと刺し指先の血液で血糖を測るということ」を繰り返していたことを報告した。

続けて「測って記録して 時折先生にお見せして…ということで済んで インスリン注射などはしなかった」と述べ、「出産入院中も普通食でオッケーでした」と説明。一方で、今回は「産後3ヶ月くらいを目処にもう一度血糖の検査を」と再検査に行ってきたそうで結果について「クリアしましたー」と嬉しそうに報告した。

さらに「先生からは『数値、優秀も優秀、素晴らしい』と言っていただきました」と明かし「妊娠時は結構私の周りでも引っかかってしまっている人がいました」と説明。「やっぱり妊娠中は身体も変わりますよね」と述べ「今回クリアしたことで あーやっぱり妊娠中だけだったかとまずは安心しました」と現在の心境をつづった。

最後に「妊娠中のトラブルは 将来の不安な箇所を、お腹の中の赤ちゃんが教えてくれている と聞いたことがある」と明かし「将来的に注意しないと」とコメント。「とりあえず今回はよかった」「安心できてのGWです」と安堵した様子でつづり、ブログを締めくくった。

【関連記事】

おすすめの記事