Yahoo! JAPAN

堀ちえみ、がんを患って痛感したこと「真剣に悩まないのがコツ」

Ameba

2019年の2月にステージ4の舌がん(左舌扁平上皮がん)、4月に食道がんの手術を受けたタレントの堀ちえみが26日に自身のアメブロを更新。がんを患って痛感したことを明かした。

この日、堀は自身について「​​困難にぶつかっても、それによって得たことの方に目を向けて、『このことがあったからこういういい面が見えた ラッキー!』と思うタイプ」と説明。「脳がプラスに思考を転じてくれます」と明かし、「主人と一緒になってから、ますますヒートアップしました」「主人はかなりのプラス思考です」と夫についてもつづった。

続けて「その思考の在り方は、間違えではない」と述べ、「がんを患うことにより、そうやって生きていくことの大切さを、改めて痛感したから」と説明。「運が悪いのでもなく、これによって何か良いことが見つかるはず」と思うようにしていたそうで「そう思えたのも、もちろん事実を受け止めて、気持ちが整理できて、暫くしてからのことですが…」「そこへ気持ちがいくまでも、一瞬一瞬の全てが前向きでした」と振り返った。

また、自身について「運が強いと思い込んで生きています」と明かし、「ラッキーもしあわせも強い運も、自分自身で作るものだから」とコメント。「心を軽くして、過ごしていく方がラク 真剣に悩まないのがコツ」と述べ、「いいことに目を向けて心がしあわせでいられると、自然に『ありがとう』の言葉や、感謝の気持ちが湧いてくるんだぁ」とつづり、ブログを締めくくった。

この投稿に読者からは「とても勉強になります」「素晴らしいことですね」「ポジティブな考え方見習いたいです」などのコメントが寄せられている。

【関連記事】

おすすめの記事