Yahoo! JAPAN

『アジング』ステップアップ解説:高難度「豆アジング」攻略のタックル

TSURINEWS

掛けるのが難しい豆アジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

豆アジを釣る豆アジングは実は普通の型を釣るよりも難しい。小さすぎるアタリ、弱々しすぎる引き、すぐ破れる口。何かと手こずらせてくれる初夏の豆アジングの基本を語ろう。

豆アジングのシーズン

豆アジが出てくるのはいつか、初夏である。6月ごろから7月ごろに現れる。通年居つきで豆アジのポイントもある(大阪湾近郊ならば林崎漁港や明石周辺の漁港内に多い)。8月、9月になると姿を消す。これは豆アジも含めアジは25℃以上の高水温が苦手で、沖に潜るのだ。そして適水温になると成長した姿で秋に再び接岸してくる。

時間は夜、ポイントは常夜灯下がメインになる。サビキ師が隣にいるならば、日中、その横でサビキのおこぼれをもらえる潮下(しおじも)でアジングさせてもらうこともできる。ジグサビキを使うのも手だ。

しかしとにかく豆アジというのは釣りにくい。活性の問題もあるが、基本的に釣るのが難しい。冒頭で述べたように小さすぎるアタリ、弱々しすぎる引き、すぐ破れる口。そして軽すぎる魚体も問題で、掛けて寄せてくるときの水の抵抗で外れてしまうこともよくある。

では、そのような豆アジをどのように釣るか、だ。

キホンは「よりフィネスに」

豆アジはとことんフィネスで釣る。エステルラインは0.2号、PEラインならば0.06号程度まで細くしてもいいだろう。リーダーは2lb程度か、エステルならば直結してもいい。

ジグヘッドは海の条件にもよるが、重くしても1gまでだろう。常夜灯下の接近戦ならばレンジを入れる釣りでも0.2~0.4g程度がメインとなる。ワームのサイズは1.3~1.5inch程度まで。だが豆アジといっても15cm程度あれば2inchくらいの方が食うときもある。

大きなワームも食う豆アジ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

基本的なアジングよりフィネスに、そしてもっとスローに、慎重に。肝心なのは、何を置いてもドラグ設定だ。適度に緩める。ずるずるにしすぎても外れるし、締めすぎると口破れする。アタリが出て乗せきれなかったり、外してしまったりしたときには、とにかく細かくドラグを調整し直して、一回釣りきる。そのドラグ設定で、群れ全体を順番に釣っていく。あまり外してしまうと豆アジはスレるので、乗せバラシや手前バラシには注意したい。

タックル要件

ロッドは4~5ft台、UL調子を推奨する。豆アジは一般的なLクラスパワーのパッツンアジングロッドでは、乗せられない。ティップが多少入りやすくなっていないと、ハリ掛かりしない。強気の掛けの釣りというよりは、繊細な、だましだましの乗せの釣りなのだ。

スピニングリールは1000番が基準となる。あまり幅広い展開はないが、500番という番手を使うアングラーもいるようだ。ただ筆者の印象上、500番手にしても、実釣上、何がかわるわけでもないような気もする(リール重量もイト巻量も大きくはかわらない)。ただ、アジングが大好きで、こだわり面で豆アジング専用タックルを作るなら、ロッド4ft台にリール500番手は面白い。

数釣りするなら専用タックルを(提供:TSURINEWSライター井上海生)

何よりジグヘッド形状が命

豆アジングで何が大切かといえば、ジグヘッド形状だ。ほとんどこれに尽きるといってもいいだろう。豆アジはエサ(リグ)を吸い込む力が極端に弱く、そして吸餌スピードは0.2秒程度だといわれる。人間業で反応できる速度ではない。アワせようとしても必ず遅れる。

そこでハリ先が勝手に掛ける仕事をしてくれるように、ハリ先の開いたオープンゲイプの小さなハリが一般には推奨される。ただあまりにもアジの口の開き方が小さいときにはオープンゲイプのハリ先が口を弾いてしまうことがあるようで、ハリ先には特に細工されていない一般的なハリがいいともいわれる。

ヘッド形状が豆アジングの命(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アジングの練習にも豆アジングを

豆アジは難易度が高くアジングの練習にもなる。今のアジはほとんどプランクトンパターンで、ショアの豆アジなどはもう確実にプランクトンパターンなのだ。スローな「止め」の釣り、慌ててアワせない釣りを習得しておくと、間違いなくアジングの腕が上がる。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post『アジング』ステップアップ解説:高難度「豆アジング」攻略のタックルfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事