Yahoo! JAPAN

上川隆也、小池徹平のコメントが到着 令和版、新生『魔界転生』福岡公演の初日開幕

SPICE

上川隆也

2021年4月16日(金)スペクタクル時代劇『魔界転生(まかいてんしょう)』福岡公演が福岡・博多座で初日を迎えた。

「魔界転生(まかいてんしょう)」は、山田風太郎原作の人気伝奇小説で、壮大なスケール、奇抜かつ摩訶不思議な展開で、アクション・エンターテインメントの最高傑作と云われている。2018年(平成30年)に「日本テレビ開局65年記念舞台」として、堤幸彦演出、上川隆也主演で大ヒットを記録し、2年4カ月ぶりの再演となる。

上川隆也

今回は、初演よりも一層映像効果を多用し、LEDを駆使した鮮明かつ大迫力の演出となり、大道具が映像に変わり、出演者と映像がシンクロし、演劇×映像の融合が大きな見どころとなっている。

小池徹平

映像と連動した躍動感あふれる出演者、活き活きと動く映像の中の人物たち、合戦や炎・雷などのインパクトあるリアルな背景画像、映像が人を支え、人が映像とコラボ。これまでの演劇の常識を超えた、画期的な「電影活劇」が誕生した。

上川隆也・小池徹平

一方で、初演以上に人間ドラマも濃厚になっている。

主演の上川隆也演じる柳生十兵衛と松平健演じる柳生宗矩の手に汗握る迫真の決闘、小池徹平演じる天草四郎が放つ怪しい魅力と巧みな妖術、浅野ゆう子演じる淀殿と藤原紀香演じるお品の情感漂う感動の場面、さらに、魔界衆の勢揃いや随所に登場するド派手なアクションなど、見せ場と見どころが次々と繰り出され、観る人を魔界へといざなう。

藤原紀香、浅野ゆう子

上川隆也、藤原紀香、村井良大

浅野ゆう子

浅野ゆう子、小池徹平、松平健

松平健

上川隆也、松平健

盛況のうちに幕を下ろした愛知公演(4/7~11)を経て福岡公演が開幕。博多座初日のカーテンコールでも観客総立ちとなった。大千穐楽の6月10日(木)まで、全75ステージを全力で駆け抜ける。

カーテンコール

上川隆也 コメント

堤さんの演出はとにかく楽しいです。台本の流れを壊さない様、随所に笑いを忍ばせたテクニックが見事です。稽古では、その演出に役者もうまく乗せられて自由闊達な現場でした。
初演と比べて、ストーリーラインに大きな変化はないのですが、シェイプアップされた形になっています。より分かりやすく、この作品の核の部分をより一層掴んで頂きやすくなっていると思います。
映像と芝居の融合がこの作品の特徴ですが、映像の部分はより大きく進化を果たし、初演がバージョン1.0とするならば、今回の再演はバージョン2.5を超えるほど進化しているのではないかと思います。芝居、殺陣、映像、すべてがブラッシュアップしました。初演を見た方もまた、新鮮な気持ちで楽しんで頂けます。1ステージ1ステージ、とにかく丹念にお届けしたいと思います。

小池徹平 コメント

LEDの映像がとても鮮明で、演じる側も最新技術にとても驚いています。本当に美しい映像で、まるでイルミネーションを見ているのかなと錯覚してしまうような仕上がりです。セット転換すらも楽しませる、飽きさせない演出は、想像を超えています。
上川さんとはほぼ初対面だったのですが、稽古場はすごく居心地が良く、とても楽しかったです。キャスト・スタッフ一丸となって面白いことにチャレンジしていく、すごく刺激的な稽古場でした。

稽古に入る前に演出の堤さんと天草四郎ゆかりの地の南島原・天草を巡りました。とてもぜいたくな役作りをさせていただきましたので、役に対する思い入れを特に強く持って演じられているように感じます。ゆかりの地である九州、博多座での公演はとても感慨深いです。自分が思っている以上に素晴らしく、新しい作品になっていると思います。

皆さまが安心して楽しめるよう最後まで努めますので、ぜひ安心して劇場にお越しください。

【関連記事】

おすすめの記事