Yahoo! JAPAN

【わが子の取説が欲しい!】#55.5話 ついに夜泣きスタート…! 赤ちゃんを起こしたまさかの「あの音」

ウレぴあ総研

“子ども嫌い”が一児の母に!? 家電の取扱説明書は一通り目を通すタイプのライター・シュリが、かまってちゃんな夫・父ちゃんとの産後クライシスにビビりながら、予測不可能なベビー・まめの妊娠・出産・育児に挑む4コマエッセイ。

最も恐れていた夜泣き、始まるのはいつ頃?

私が育児で最も恐れていたのが「夜泣き」。始まったのは、まめが寝返りを成功させた直後くらいからです。

それまでは、ねんトレ「ジーナ式」もさほど苦労なく実行できていて、夜間の授乳も順調に時間があけられるようになっていました。

「夜泣き」を恐れ、貴重なフリータイムを少しでも長く確保するため、細心の注意を払っていたはずだったのに、娘・まめを起こしたのは、予想もしない“あの音”でした…(涙)。

夜泣きを恐れるあまり、気付けば“無音生活”に…

ハピママ*
ハピママ*
ハピママ*
ハピママ*

赤ちゃんが眠る部屋を脱出できたら、ようやく始まる私のフリータイム! ぬき足さし足で忍び出て、静かに静かにやりたいことを楽しむ…娘・まめが寝返りを成功させる頃には、すっかり「無音生活」が身に染み付いていました。

出産前は「まめには生活音に慣れてもらおう!」と思っていたはずだったのに、ただでさえ短い自分のフリータイムを少しでも確保したいという欲求は、やっぱり行動にも出てしまうものですね。

納豆のパックをあける音がリビングに響き渡るくらいですから、相当静かだったと思います(笑)。ダンナが帰ってくるまでは、まめと私の二人っきりですし、核家族だからこそ、静かにしようと思えばできてしまうんですよね。

たまたま納豆のパックをあけた瞬間にまめが目覚めただけだったのか、本当に「ベリッ」というあの音で起きたのかは定かではありませんが(笑)、とにかく遂に、恐れていた「夜泣きシーズン」がスタート。

果たしてシュリは、フリータイムと安眠を取り戻すことができるのか⁉︎ 次回も夜泣きエピソードは続きます。お楽しみに!

(ハピママ*/シュリ)

【関連記事】

おすすめの記事