Yahoo! JAPAN

【2022年】おしゃれな突っ張り棒のおすすめランキング9選|人気商品を徹底比較

360LiFE(サンロクマル)

【2022年】おしゃれな突っ張り棒のおすすめランキング9選|人気商品を徹底比較

※360LiFE外部のサイトでは、テスト内容が正しく表示されない場合があります。その際は360LiFEオリジナルサイトにて詳細をご確認ください。


自宅に収納場所を増やしたいけど、そのために見た目が安っぽい突っ張り棒を使うのは微妙…などと思ったことはありませんか? そんな方のために、雑誌『MONOQLO』ではおしゃれな突っ張り棒を集めて、その性能を比較。人気や口コミではわからない、おすすめランキングを作成しました。これを読めば、突っ張り棒の選び方の参考になるはず!

“ブラック”突っ張り棒でデッドスペースを有効活用!

家の中の狭いスペースでも、収納力をアップできる心強い味方”突っ張り棒”。その中でもブラックカラーの商品は、インテリアとして見栄えや収まりがよく、最近人気を集めています。

収納力がアップして見栄えもよくなる!

普段、植物や写真などを飾る玄関の使い勝手が悪い空間も、突っ張り棒を使えば収納力が大幅にアップ! S字フックなどを利用すれば帽子や車のキーなども吊るせます。

ハンドソープやタオルも掛けられる

洗面所に突っ張り棒を設置してシェルフを吊り下げれば、ハンドソープや洗剤などを置くことができます。取り出しやすい位置につければ使い勝手も◎。

トイレまわりもオシャレに変身!

トイレは幅が狭いので、突っ張り棒を設置するのにピッタリの場所。シェルフの上にトイレットペーパーを置けば、トイレがオシャレ空間に早変わり!

SNSで人気のモデルは価格が高い…

最近では平安伸銅工業の「DRAW A LINE」が、突っ張り棒らしからぬおしゃれで高級感ある見た目で、SNSで人気なんです。ただ、価格が高いのがネック…。

平安伸銅工業
DRAW A LINE Tension Rod A
実勢価格:3960円
長さ:75〜115cm
耐荷重:25〜15kg(大丸キャップ使用時)

長さを固定するネジやグリップが回しやすく、スムーズに設置できます。

4000円近い価格なので、手を出しづらいのが惜しいポイント。

設置した突っ張り棒に重りを吊るして、30分後にズレ具合を確認。目視でほぼズレはなく、壁にしっかりと圧着されています。

見た目や性能は◎。ただしちょっと高価…

高級感ある質感で性能も文句なし。しかし他の製品と比べると、3〜4倍近い価格がネックです。そこで、今回は同じブラックの突っ張り棒8製品を多角的に検証!「DRAW A LINE」の性能に匹敵する、格安の突っ張り棒を探しました!

まずは、そのテスト項目から紹介していきます。

【選び方】耐荷重や設置のしやすさをチェック!

①耐荷重

設置した突っ張り棒に、等間隔に重りを吊るします。30分後に重りでずり落ちていないか、ズレ具合を確認しました。

②設置のしやすさ

家具のプロが、設置のしやすさや使い勝手、製品の構造などをチェックしました。

③コスパ

耐荷重や設置のしやすさなどの性能面を、各製品の実勢価格と照らし合わせて、コスパのよしあしを判定しました。

【耐荷重15kg以上】突っ張り棒おすすめランキング

それでは、まずは耐荷重が15kg以上のおすすめ突っ張り棒をご紹介します。重いモノもラクラク掛けられますよ!

アイリスオーヤマ「スタイル伸縮棒 SSB-120」

アイリスオーヤマ
スタイル伸縮棒 SSB-120
実勢価格:1480円
長さ:75〜120cm
耐荷重:40〜25kg
※Amazonのカラーはホワイトです

長さを固定する際には、六角レンチを使用します。接地面は丸く、仮固定も簡単です。

価格は1480円で、性能を鑑みるとコスパもGoodと言えます。

ズレはまったくありませんでした。強固な圧着力に、頼もしさを感じます。

機能と価格のバランスに優れている!

耐荷重・設置のしやすさの両面が優秀。価格もお手ごろで、初めて購入する突っ張り棒として最適です。

平安伸銅工業「突っ張りパワフルポール マットブラック 小」

平安伸銅工業
突っ張りパワフルポール マットブラック 小
実勢価格:1496円
長さ:75〜120cm
耐荷重:50〜30kg

接地する面が四角いため、仮固定にやや手間取りますが、ネジは回しやすいです。

価格はアイリスオーヤマの「スタイル伸縮棒 SSB-120」とほぼ同じですが、設置しやすさの面で差をつけられました。

接地部分はやや小さめながら、圧着力は十分。たくさん物を掛けても安心です。

見た目はシンプル 性能も問題なし

安くて性能も上々。デザインはシンプルなので、場所を選ばず使える点も高評価です。

コーナン「コーナンオリジナル LIFELEX 強力安定 突っ張り棒 小」

コーナン
コーナンオリジナル LIFELEX 強力安定 突っ張り棒 小
実勢価格:767円
長さ:75〜120cm
耐荷重:50〜30kg

基本構造は平安伸銅工業の「突っ張りパワフルポール」と同じ。長さ固定ネジは横長で、固定するのに力は必要ありませんでした。

今回検証した5製品の中では最安でした。さすがはホームセンターのプライベートブランドです。

こちらも平安伸銅工業の「突っ張りパワフルポール」とほぼ変わらず。安価ながら圧着力は抜群です。

コスパで選ぶならこれ1択です

基本的な構造や見た目は、平安伸銅工業の「突っ張りパワフルポール」とそっくり。コスパで選ぶならこちらがおすすめです。

N/C「突っ張り棒」

N/C
突っ張り棒
実勢価格:2200円
長さ:70〜120cm
耐荷重:40〜15kg

ネジはなく、長さは棒を捻って調節します。グリップは手応えが弱く、やや不安を覚えました。

2200円と少し高めの価格で、性能を鑑みると及第点といったところ。

接地部分は壁側のパッドが取れやすく、2mmほどズレました。

設置のしにくさが惜しいポイント

グリップの手応えが弱く、圧着力にやや不安を覚えました。スリムなデザインが好きならアリです。

【耐荷重1kg以上】突っ張り棒おすすめランキング

続いて、ちょい使いに適した耐荷重1kg以上のおすすめ突っ張り棒をご紹介します。

ダイソー「黒い伸縮式つっぱり棒」

ダイソー
黒い伸縮式つっぱり棒
実勢価格:110円
長さ:70〜120cm
耐荷重:1kg

突っ張り時の締めつけ感が強く、設置後はかなり安定感があります。

そして、なんと言っても110円で買えるのが素晴らしく、コスパは最強です。

目視ではほぼズレなし。安くてもしっかり支えてくれました。

細身でシンプルかつ丈夫なつくり

全体の形状は細くて頼りないものの、圧着力は文句なし。見た目より丈夫です。

友安製作所「アイアン テンションロッド ブラック ラウンド Mサイズ」

友安製作所
アイアン テンションロッド ブラック ラウンド Mサイズ
実勢価格:3600円
長さ:76〜132cm
耐荷重:約3kg

接地部分は丸型で、取り付けが比較的簡単です。固定するのに力は必要ありません。

性能は抜群ですが、3000円を超える価格が難点。金属の質感はGoodです。

目視ではズレはありませんでした。細身ながら圧着力は十分です。

スッキリした見た目で圧着感もあり

細くてネジもなく、スッキリした形状です。接地面は丸く、壁と壁の間にしっかり固定されます。

umbra「CORETTO TENSION ROD」

umbra
CORETTO TENSION ROD
実勢価格:1980円
長さ:91〜137cm
耐荷重:4〜2kg

接地面の圧着が弱く、仮固定には少し手間取ります。

1980円とやや高価。性能はまずまずなので、見た目で選ぶならおすすめです。

【耐荷重】

接地部分のズレはありませんでした。耐荷重が最大4kgあるのも頼もしい限り。

かなり細いので目立ちにくい

4製品の中で、最も細い形状をしています。空間を圧迫しないスリムなデザインは高評価。

IKEA「フィェドランデ」

IKEA
フィェドランデ
実勢価格:499円
長さ:70〜120cm
耐荷重:2kg

壁間の幅より長めに出した状態から、力を入れて押し込むやり方なので、設置の難易度は高めです。

499円と安いため、IKEAでほかの商品のついでに買ってしまいそう。

【耐荷重】

テスト開始から30分後、数ミリのズレが。圧着にやや不安が残ります。

見た目はシンプル 性能はあと一歩

細身でネジのないデザインで、価格もお手頃。取り付けにはコツが必要です。


おわりに

以上、突っ張り棒のおすすめランキングをお届けしました。

耐荷重15kg以上のランキングでは、アイリスオーヤマ「スタイル伸縮棒 SSB-120」が、耐荷重や設置のしやすさの面で高評価を受けてベストバイに輝きました。1000円台という安さも、ベストバイの一因です。

また、ちょい使いに適した耐荷重1kg以上のランキングでは、ダイソー「黒い伸縮式つっぱり棒」がS評価を獲得。110円という破格の安さにもかかわらず、耐荷重と設置のしやすさの両面が優秀だったのが決め手となりました。

自宅に物が溢れて置き場所に困っている人は、ぜひこのランキングを参考にして突っ張り棒を使ってみてください。そして、デッドスペースを立派な収納場所として生まれ変わらせましょう!

突っ張り棒の売れ筋ランキングもチェック!

突っ張り棒のAmazon・楽天の売れ筋ランキングは、以下のリンクからご確認ください。

【関連記事】

おすすめの記事