Yahoo! JAPAN

気鋭アーティストをゲストに迎えるコラボプロジェクトXavier(シャビエル)が始動 第一弾はchelmico、塩塚モエカ

SPICE

「Call In Sick feat. chelmico / 球体 feat. 塩塚モエカ」ジャケット

元the changの中心人物で、現在はTICAやGabby & Lopezなど自身の活動と並行してハナレグミ等のサポートも務めているギタリスト/プロデューサーの石井マサユキ、フィッシュマンズやUA、BOREDOMS、坂本龍一など独創性あふれるアーティストの作品を手がけるサウンド・エンジニアのZAK、自身のバンド、バッファロー・ドーターで活動するほか、コーネリアスなどのサポートも務める大野由美子の3人を中心に、多彩な気鋭アーティストをゲストに迎えてお届けするコラボレーション・プロジェクト、Xavier(シャビエル)が始動。

その第一弾となる本作には、RachelとMamikoの2人によるラップ・ユニット、chelmicoと、羊文学のギター&ヴォーカルの塩塚モエカ(本作ではヴォーカルのみ)の二組をフィーチャー。石井マサユキの作曲で、chelmicoがリリックとフックを担当した「Call In Sick」には、鈴木正人(b / LITTLE CREATURES)、西内徹(sax & flute / Reggae Disco Rockers、坂本慎太郎、他)、沼澤尚(ds / Theatre Brook、blues.the-butcher-590213他)が参加。chelmicoによるユーモラスなリリックとラップが乗る、80'sフレイバーあふれるダンス・ナンバー。石井マサユキの作詞作曲で、塩塚モエカが歌う「球体」には、大野由美子(b)と山本達久(ds / UA、石橋英子、ジム・オルーク他)が参加。オルタナティヴな佇まいのなかにオールドスクールなロックのテイストをにじませたバラードに。

これらはダブルサイダー・7インチ・シングルとして発売。さらに、アートワークにはアーティストの雪下まゆを起用。まったく方向性の異なる2曲の世界観を鮮やかに昇華させている。

【関連記事】

おすすめの記事