Yahoo! JAPAN

京急沿線で飲むならば、絶対いきたいおすすめ酒場4選。

さんたつ

戦後の高度経済成長期に日本の発展を支えた4大工業地帯のひとつ、京浜工業地帯。その中を走る京急線の沿線には、一生懸命働く人を癒やす懐の深い酒場が多いのだ。

新子安の誇り、ハマの誇り。『市民酒蔵 諸星』[京急新子安]

もつのにこみ480円は汁っけが少ないのが誇り。いわしのさしみ420円は横浜や川崎の河岸から仕入れている。肉肉しさとタマネギの甘みのシウマイ440円。湯豆腐ではなく「温めとうふ」160円、安すぎる。ぎばさと長芋のとろろ450円、永遠に食べられる。コップの東鏡360円で流し込む!

創業を尋ねると「そういうのちゃんと記録してなくて……でも自分で3代目で、戦前からやってるから」と大将の諸星道治さんは苦笑した。「どうして“市民酒蔵”なんですか」と、無粋ついでに聞いてみた。時代は戦中戦後に溯る。酒の流通量が圧倒的に少ない中、「当時は酒とは呼べない質の悪いものも多かったらしく。だからちゃんとしたものを出すために」酒店の管理と相互扶助のために横浜市が敷いた制度が「市民酒場」。2代目のときに「こんだけ酒があるんだから」と、「酒場」は「酒蔵」へと名称を変えた。最盛期は200軒ほどあった「市民酒場」も今は2、3店を残すのみ。しかし今でもそれは横浜の飲み屋の誇りだ。

諸星では、常連も一見も、誰でも同じ。注文をきいて、酒を出す。余計なことは話さない。諸星で酒を飲んでいる間だけは、こんな無粋な私でも、市民酒場の長い歴史の中にたゆたう透明人間になれる気がする。いや、大将がそうしてくれてるだけなんだけどさ。

酒や肴を置くにも、人との距離感的にも、すべてが大正義すぎてしびれるカウンターの幅。
千葉の名酒「東鏡」は蔵元直送。日本酒、焼酎、ビール、ホッピー、とにかく何でもある。
3代目店主、諸星道治さん。カッコいいし、メニューの短冊の字もカッコイイし、最高。
京急新子安駅徒歩30秒に天国はありました。

『市民酒蔵 諸星』店舗詳細

市民酒蔵 諸星
住所:神奈川県横浜市神奈川区子安通3-289/営業時間:16:30〜21:00LO/定休日:土・日・祝/アクセス:京急本線京急新子安駅すぐ

川崎の働き者を癒やす、大衆酒場兼食堂。『丸大ホール』[京急川崎]

オムライス600円、アジフライ450円、レモンサワー350円。自家製のしめさば450円も自慢の一品。

開店は朝の8時30分で、昼前にはほぼ満席! だいたいのお客が早い時間からジョッキや猪口を手に持ち、楽しげに頬を赤くしている。四方に貼り巡らされた品書きを見ると、ごはんものからつまみまで実に幅広い。夜勤明けの人が朝(?)ごはんにオムライスを頬張り、サワーで流し込む、なんて光景がここではおなじみだ。和・洋・中、各ジャンルでしっかり修業した職人が厨房に控えているので、料理の味もピカイチ。

開店直後から閉店まで一日中にぎわっている。ランチで利用する近隣のサラリーマンも多い。
相席した常連客と乾杯!  夜勤明けに仮眠し、運動してから来るのが日課だという。
女性も歓迎。

『丸大ホール』店舗詳細

丸大ホール
住所:神奈川県川崎市川崎区駅前本町14-5/営業時間:8:30~21:15LO(日・祝は~20:50LO)/定休日:土/アクセス:京急本線京急川崎駅から徒歩2分

魚と対話するように味わい、酔う。『正木屋』[鶴見市場]

刺身盛合1320円。日本酒(熱燗・常温)2合540円。

宴会場もあるので、魚はなるべく豊富に準備。店主の勇崎昌己さんが市場で目利きし、他の店が敬遠するようなものでも活きがよければ仕入れる。長年培った信頼関係から、1㎏を超える大きなタチウオなど高価な魚が安く買えることも。刺し身や鍋、はたまた揚げたり焼いたり、素材に合った調理法を見つけてぐっと魅力を引き出す。もちろん、その味は1階の普通席でも享受可! 料理に合うお酒は、女将と若女将のW看板娘に聞こう。

ふぐ鍋3000円。ふぐの出汁を存分に味わうには、シメにご飯を入れて雑炊に。
息ぴったりの女将(右)と若女将。
2階が宴会場。1階は一般テーブル席と小上がり。

『正木屋』店舗詳細

正木屋
住所:神奈川県横浜市鶴見区市場大和町3-17/営業時間:16:00~23:00/定休日:日/アクセス:京急本線鶴見市場駅から徒歩2分

商店街のはずれに潜む、立ち飲み処。『愛知屋酒店』[杉田]

穏やかな口調から、3代目・小林さんの人柄が窺える。

昭和14年(1939)の創業以来、角打ちのスタイル。古いカウンター越しに酒瓶のラベルを眺めつつ飲むのが、乙だ。酢のものや点心など、ざっと70種以上あるつまみは、主に店主の小林彰一さんが南部市場で仕入れたもの。適当に2、3品選び、1杯飲んでパッと帰ろうとちびちびやっていると、他のお客のために小林さんがスルメを炙り始め、その香りに後ろ髪引かれてもう1杯……なんてことも。結局長居してしまうが、それもまた乙だ。

餃子180円、タコブツ330円、コンビーフ500円。剣先スルメは700円。日本酒、焼酎は約20種あり、1杯350~560円。
土曜日は昼間から酒好きが集う。

『愛知屋酒店』店舗詳細

愛知屋酒店
住所:神奈川県横浜市磯子区杉田4-8-57/営業時間:15:00~21:00/定休日:日/アクセス:京急本線杉田駅から徒歩5分

取材・文=信藤舞子 撮影=加藤昌人

【関連記事】

おすすめの記事