Yahoo! JAPAN

丘山晴己、波岡一喜ら出演で「赤壁の戦い」を描く 「真・三國無双」20周年を記念して新作舞台が決定

SPICE

『舞台 真・三國無双~赤壁の戦いIF~』

2020年8月20日(木)~24日(月)日本青年館ホールにて、「真・三國無双」20周年記念公演『舞台 真・三國無双~赤壁の戦いIF~』が上演されることが決定した。

『真・三國無双』とは、シリーズ累計販売本数2100万本以上を記録、日本でも人気の「三国志」に登場する武将たちとなり、無数の敵が押し寄せる戦場を縦横無尽に駆け巡り“一騎当千の爽快感”を体験できるアクションゲーム。簡単な操作で誰でも爽快感が得られるゲーム性が人気を博し、1作目(2000年8月発売)よりヒットを記録し続けている。

『舞台 真・三國無双~赤壁の戦いIF~』概要
201年、最大のライバル、袁紹を官渡に破った曹操は、中原・北方を制圧し、ついに丞相位を手にする。そして208年、曹操は80万の軍勢を率い、長江を越える。だが、周瑜の策により、「赤壁の戦い」で孫権・劉備連合軍に大敗。
敗走した曹操は言ったという、「もし郭嘉が生きていれば・・・」と。そう、もしも郭嘉が生きていれば、歴史はどう変わったのだろうか?
赤壁の前年207年、死の淵にあった郭嘉に語りかける謎の男、「どうだ? 人生に未練はあるか?」 訝しみながらも答える郭嘉「本当は、まだやりたいことがある」 これは奇跡か魔の罠か? 郭嘉、周瑜、そして諸葛亮、3人の歴史に残る軍師が相まみえ、かつてない「赤壁の戦い」が、今始まる。

儚く散ったはずの曹操軍軍師・郭嘉役に丘山晴己を起用。乱世の奸雄・曹操役に波岡一喜、圧倒的な曹操に挑む雄々しき若虎・孫権役に稲葉光(ジャニーズJr.)、孫権を支える秀麗なる軍師・周瑜役に健人、礼と義に生きる天才軍師・諸葛亮役に室龍太(関西ジャニーズJr.)、仁の国を目指す大徳・劉備役に中村誠治郎と、豪華な俳優陣で三国志最大の戦いを描く。そして女優陣として上西恵、太田奈緒、宮崎理奈らが出演する。

キャスト

【関連記事】

おすすめの記事