Yahoo! JAPAN

個人売買にてギリギリの予算で洗濯機を購入した男性、売主のサプライズに感動する(米)

Techinsight

個人売買で購入したドラム式乾燥機の中にサプライズが!(画像は『Chris Blaze 2021年9月14日付Facebook「I just went to buy a Samsung washer and dryer from a guy and he was asking $500 I told him I just had a kid and if he could take $400 I’d be really grateful.」』のスクリーンショット)

昨今「メルカリ」などのような個人売買が簡単にできるアプリやウェブサイトを利用する人が増えているが、相手の素性が分かりづらいことから詐欺などの被害に遭ったという事例も少なくないようだ。ところがアメリカに住むある男性はFacebookを利用して個人売買にてドラム式の洗濯機と乾燥機を購入したところ、売主の男性から素敵なサプライズを受けることになった。『The Mirror』『Birmingham Mail』などが伝えている。

米アリゾナ州ツーソン在住のクリス・ブレイズさん(Chris Blaze)が現地時間14日、Facebookに投稿した内容が多くの人の心を温かくしている。クリスさんは最近、Facebookの「マーケットプレイス」機能を利用して中古のドラム式洗濯機と乾燥機を購入したそうだ。

Facebookの「マーケットプレイス」は、企業が商品を販売するだけでなく個人間での売買ができるサービスである。このたびクリスさんは、デイヴィッド(David)という名前の男性が販売する中古のサムスン製のドラム式洗濯機と乾燥機のセットをマーケットプレイスで見つけた。

価格は500ドル(約5万5000円)と中古でも格安だったが、クリスさんは最近子供が誕生したことで予算が400ドル(約4万4000円)に限られていたため値段交渉を持ちかけた。すると売主のデイヴィッドさんは、クリスさんが提示した400ドルで快く販売してくれたという。

クリスさんはデイヴィッドさんのもとを訪れ400ドルを支払い、洗濯機と乾燥機を自宅に持ち帰った。ところがその後、思いもよらないプレゼントを発見したそうでFacebookにこう綴っている。

「私はサムスン製の洗濯機と乾燥機を購入するために、ある男性のもとを訪れました。彼は当初500ドルで販売しようとしていましたが、私は『子供が生まれたばかりなので、もしあなたが400ドルで売ってくれるのであれば本当にありがたいのですが…』と伝えたのです。」

「(400ドルで購入後)私は自宅に持ち帰って早速、洗濯機と乾燥機を設置しました。それらは問題なく稼働したので乾燥機の糸くずフィルターをチェックしようとしたのです。中を開けると、なんと400ドルが入っていたのです。また男性からは『乾燥機の中をチェックしてみてください。それは生まれたばかりの赤ちゃんへのプレゼントです』というメッセージを貰いました。」

「もう言葉では言い表せないほどの感謝の気持ちでいっぱいです。私は今、とても恵まれていると感じており、これを皆さんにもシェアしなければと思いました。デイヴィッドには本当に感謝しています。ありがとうございました。」

クリスさんは結局、サプライズによってデイヴィッドさんからドラム式洗濯機と乾燥機を無料でプレゼントされた形となった。クリスさんの投稿には14万件以上もの「いいね!」が集まり、このような声が寄せられた。

「世界にはまだまだ良い人がいるんだね。」
「デイヴィッドはなんて素晴らしい人なんだ。私たちの周りに素敵な人がいることが知れてなんだかとても良い気分になれたよ。」
「すべてが上手くいかない時に、こんな素敵な心遣いを目にしたら世の中に対して希望を持つことができるわ。シェアしてくれてありがとう。」

多くの人がデイヴィッドさんの粋な計らいに心を打たれたようだ。またクリスさんに家族が増えたことで多くの祝福の声も寄せられた。そしてこの心温まる投稿に影響を受けたのか一部の人からはクリスさんに対して「ぜひ赤ちゃんのお祝い品を贈らせて欲しい」といった声まであがっており、彼の投稿は優しさが優しさを呼んでいるようにも見える。

画像は『Chris Blaze 2021年9月14日付Facebook「I just went to buy a Samsung washer and dryer from a guy and he was asking $500 I told him I just had a kid and if he could take $400 I’d be really grateful.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)

【関連記事】

おすすめの記事