Yahoo! JAPAN

オリックス山岡泰輔の縦スライダーや山本由伸のカーブのようなピッチトンネルから外れる球の有効性とは!?【革新的投球パフォーマンス】

ラブすぽ

オリックス山岡泰輔の縦スライダーや山本由伸のカーブのようなピッチトンネルから外れる球の有効性とは!?【革新的投球パフォーマンス】

ラプソードをどう使うか【中級編】

●ピッチトンネルを複数作ろう
ピッチトンネルを一つ作れるようになったら、次は複数のコースに形成できるようになりましょう。一つのコースばかりに投げていると、相手打者に対応されてしまうからです。

各バッターには得意、不得意なコースがあります。例えば外角高めに強い右打者に対し、外のピッチトンネルを使って投球を組み立てる一方では対応されかねません。そこで外角高めに加えて内角低めにもピッチトンネルを使えれば、打ち取る確率は高まります。

加えて有効なのは、ピッチトンネルから外れる球をうまく活かしていくこと。代表例が山岡投手の縦スライダーや山本投手(ともにオリックス)のカーブです。相手打者はピッチトンネルを通る球種にどうしても意識が強くなり、そこから外れる球は待ちにくい。だからピッチトンネルを形成できている投手にとって、その輪をあえて外す変化球はストライクをとりやすく、カウントを有利にできます。

さらに、ボールからストライクゾーンに曲がる変化球も効果的です。外角のボールゾーンからストライクに入ってくる「バックドア」や、内角のボールゾーンから中にくる「フロントドア」と言われるものです。前者はカットボールやスライダー、スラーブ、パワーカーブ、後者はツーシームやシンカーなどです。

バックドアやフロントドアの変化球とストレートを組み合わせて使えば、配球の幅も増します。例えば右投手が右打者に対し、内角のボールゾーンにストレートを見せおいて、同じような軌道からスライダーを曲げる。相手打者はインサイドのストレートと錯覚し、思わずよけます。ところがそのボールはストライクゾーンに入ってくるので、カウントを稼ぐことができます。

この2球で相手打者は内角への意識が強くなり、次は外角を攻めやすい状況ができます。そこで外のストライクゾーンにカットボールを投げてみましょう。スライダーと同じジャイロ成分が含まれた球種なので、相手には2球目の残像があります。打者は「ボールになる」と思って振りにいくのをやめたら、スライダーほど曲がらずストライクになる。こんな攻め方をできるようになれば、〝勝てる投手〟に大きく近づいているはずです。

出典:『革新的投球パフォーマンス』高島誠

【関連記事】

おすすめの記事