Yahoo! JAPAN

丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)が初のオリジナル・ミュージカルを手掛ける 雑踏音楽劇『ネオンキッズ』の上演が決定

SPICE

雑踏音楽劇『ネオンキッズ』メインビジュアル

2022年3月に、雑踏音楽劇『ネオンキッズ』が上演されることが決定した。

本作は劇団鹿殺しの丸尾丸一郎が書き下ろした、初のオリジナル・ミュージカル。眠らない街 トーキョーを舞台に、居場所を失った若者たちの物語を描く。

辻本知彦

今回、丸尾が創造する新しい作品世界に、強力なクリエイターが集結した。振付は、大河ドラマ『青天を衝け』(2021年)オープニングダンス振付、CM「ポカリスエット」、「UQモバイル」振付から舞台『千と千尋の神隠し』への出演と、多岐に渡り活動する辻本知彦、音楽は舞台『刀剣乱舞』天伝 蒼空の兵 -大坂冬の陣- など舞台劇伴を数多く手掛ける伊真吾が務める。

さらに、出演者もフレッシュなメンバーが揃った。AKB48より岡部麟(チーム8 茨城県代表)、小田えりな(チーム8 神奈川県代表)、下尾みう(チーム8 山口県代表)が参戦。持ち前の歌とダンスに加え、演技面では新境地に挑む。
そして、梅棒など数々のダンス・パフォーマンスユニットに出演し、実力は折り紙付の松浦司の出演も決定した。そのほか、鷺沼恵美子浅野康之有田あんら、劇団鹿殺しの中堅メンバーが加わり、オリジナル・ミュージカルに挑戦する。

岡部麟(AKB48)

小田えりな(AKB48)

下尾みう(AKB48)

松浦司

鷺沼恵美子

浅野康之

有田あん

丸尾丸一郎

阿部葵

ばんこく

松本彩音

若月海里

笠井唯斗

本公演の日程は、2022年3月3日(木)〜14日(月)に東京、座・高円寺1にて、3月18日(金)〜21日(月・祝)に兵庫、伊丹アイホールにて上演。

【ストーリー】
眠らない街、トーキョー。
繁華街にそびえ立つ怪獣ビルの下、
家や学校、社会で居場所を失った若者が肩を寄せ合い生きている。
彼女たちは「ネオンキッズ」と呼ばれ、
自由気ままにダンスを踊り、SNSを介して輪は広がっていった。
怪獣ビルの表と裏、
「表界隈」と「裏界隈」と呼ばれる派閥の闘争、
「夜光虫」と名乗る大人たち、
いつしかネオンキッズたちは犯罪に手を染めることになる。
「まるで水中にいるみたい。なんで苦しいんだろう」
丸尾丸一郎(劇団鹿殺し) コメント

公演に寄せて

劇団鹿殺しの制作部から生まれた「オフィス鹿」が、
初めてミュージカルに挑戦します。
僕は音痴だし、楽器できないし、ミュージカルを避けてきましたが、
背中を押してくれたのは振付の辻本さん、音楽の伊さん、
体現してくれる役者たちとの出会いでした。
今、トーキョーから離れたくて仕方ありませんが、
そんなトーキョーで必死に生きる少女たちの物語です。
名作にする自信はありませんが、予感はあります。
ご期待ください!

【関連記事】

おすすめの記事