Yahoo! JAPAN

『ザ・ソプラノズ』ジェームズ・ガンドルフィーニが見せた“親子愛”

海外ドラマNAVI

海外ドラマNAVI

放送開始から25周年を迎えた大人気ドラマ『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』。同作にトニー・ソプラノ役で主演していたジェームズ・ガンドルフィーニが見せた“親子愛”について、トニーの娘メドウを演じていたジェイミー=リン・シグラーが明かした。米Entertainment Weeklyが伝えている。

【関連記事】『ザ・ソプラノズ』ジェームズ・ガンドルフィー二没後10年に元共演者たちがコメント

異変に気づいて声をかける

2013年、ローマ滞在中に心臓発作を起こして51歳で亡くなったジェームズ。彼の死後、ジェイミーはとあることを知ったという。20歳の頃に難病であるMS(多発性硬化症)と診断されたことを2016年に公表していたジェイミーは、今月18日に俳優ジャスティン・ロング(『Giri / Haji』)のポッドキャスト番組に出演した際、「ジェームズが亡くなった後、彼が私のためにMSの団体へ定期的に寄付をしてくれていたことを知ったの」と語った。

米HBOで1999年から2007年まで6シーズンにわたって放送された『ザ・ソプラノズ』に出演中、難病であることが分かったジェイミー。彼女が同作関係者の中で病気のことを最初に打ち明けたのがジェームズだった。その経緯を彼女は次のように振り返っている。

「ある日、彼は私を脇へ呼んで“ジェイミー、どうした?”って聞いてくれたの。私はただ彼の腕の中に飛び込んで、“とても怖い。MSを患っているんだけど、みんなにどうやって伝えたらいいか分からないの”という風に答えたの。そうしたら彼は“安心して。秘密は守るよ”って言ってくれた」

当時のジェイミーは、病気以外の問題も抱えていた。「当時の私は離婚をしようとしていたけど、そのことを誰にも言っていなかった。そんな状況でMSが悪さをし始めたの。例えば膀胱に影響が出たりしてね。そのせいで、撮影の途中でもトイレに行かないといけなかった。私が“ごめんなさい、本当にすみません。トイレに行かないと”って謝ると、周りのみんなは“まったくどうしたんだよ”って感じだった」

そんな状況で唯一ジェイミー本人に問いただしてくれたのが、『ザ・ソプラノズ』で親子役を演じたジェームズだった。彼について以前も、毎回共演者を生かそうとする彼に助けられていたと語ったり、「世にも稀な素晴らしい人」と称賛していたジェイミー。自身の難病にひそかに寄り添い支えてくれた“父親”への感謝を永遠に忘れることはないに違いない。

【関連記事】『ザ・ソプラノズ』25周年は「葬式」!?クリエイターが痛烈批判

『ザ・ソプラノズ/哀愁のマフィア』全6シーズンはU-NEXTにて配信中。(海外ドラマNAVI)

参考元:米Entertainment Weekly

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. シーバス釣りにおける【濁り攻略法とオススメルアー】 流れと濁りの意外な関係とは?

    TSURINEWS
  2. 今年は白桃をまるごと1個使ったパフェが仲間入り 「マザームーンカフェ」桃を使ったケーキ・パフェ・パスタが登場 神戸市ほか

    Kiss PRESS
  3. 【7月20日プロ野球公示】オリックス安達了一が登録、楽天・早川隆久が抹消 ヤクルトはサイスニードを登録、吉村貢司郎を抹消

    SPAIA
  4. 西区で『西神中央ホールフェス2024 Vol.2』が開催されるみたい。アカペラライブ・キッチンカー・雑貨など。入場無料

    神戸ジャーナル
  5. 【夜焚きイカ釣果速報】イカメタルでも100尾オーバーと絶好調(福岡)

    TSURINEWS
  6. 猫は『雷』が苦手?怖がる理由3つと、飼い主さんがしてあげられる対処法

    ねこちゃんホンポ
  7. 犬は飼い主の『笑顔や泣き顔』を認識してる?愛犬が持つ優れた能力まで解説

    わんちゃんホンポ
  8. 大切な人を連れてきたくなるリピーター続出の新店 阪急園田駅近くの『鶏焼肉 凡』で「凡比べ6種」を食べてきました 尼崎市

    Kiss PRESS
  9. 過去6回小倉競馬場で開催された【中京記念GⅢ】の勝ち馬の中で最も出世した馬とは!?

    ラブすぽ
  10. キム・カーダシアン、息子が皮膚疾患を患っていると告白「私の乾癬が別の形で遺伝した」

    Techinsight