Yahoo! JAPAN

体の負担にならないように!犬の体の特徴に合わせた生活習慣のポイントとは

いぬのきもちWEB

足が短い犬と暮らす際に気を付ける生活習慣のポイント いぬのきもち

足が短い特徴を持つ犬との生活では、飼い主としてどんなことに気をつけたらよいのでしょうか?

今回は、いぬのきもち獣医師相談室の先生に、足が短い犬種と暮らす際に気を付けるポイントについて話を聞きました。

足が短い特徴を持つ犬は関節や神経を痛めやすい傾向がある


足が短い犬と暮らす際に気を付ける生活習慣のポイント いぬのきもち


――足が短い特徴を持つ犬に多くみられる病気やケガがあると聞きました。どのようなものがありますか?

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「ミニチュア・ダックスフンドやコーギーなど、足が短い特徴を持つ体格の犬種は、段差を頻繁に上り下りしたり、高さのある場所から飛び降りるなどの動きによって、背中の関節(頸椎、胸椎、腰椎)や足の関節などに、より大きな負荷がかかりやすい傾向があります。

そのため、日常生活の中で頻繁な階段の上り下りであったり、ソファやベッドから飛び降りる動作の習慣があると、関節や背中の神経(脊髄)などを傷めてしまう可能性がより心配されます。」

足の長さに配慮した生活環境を整えよう


足が短い犬と暮らす際に気を付ける生活習慣のポイント いぬのきもち


――足が短い特徴を持つ犬と暮らす際に、飼い主としてどんなことに気を付けるとよいのでしょうか?

獣医師:
「犬の腰や背中・足の関節などに負担がかかりにくいように、愛犬の生活環境をできる範囲で整えてあげましょう。

階段や高い場所への乗り降りの際は、愛犬が自分で乗りたがっても必ず人が抱っこをして乗り降りさせるなど、体に配慮したサポート方法を習慣にするとよいですね。

他にも、できるだけ段差が少なくなるような間取りを意識してケージなどを設置することであったり、ソファやベッドなどにあらかじめスロープを設置しておくのもよいアイデアです。

生活の中で愛犬の体に負担がかかりにくい配慮を心がけましょう。」

愛犬の体に異変を感じたら動物病院の受診を


足が短い犬と暮らす際に気を付ける生活習慣のポイント いぬのきもち


獣医師:
「足が短い犬と暮らしていて愛犬の歩き方や仕草に違和感を感じたら、関節や神経(脊髄)を傷めている可能性も考えられるため、できるだけ早く動物病院を受診することが大切です。」小型犬から大型犬まで、さまざまなタイプの犬がいます。

犬種の特徴や多い病気を知っておくことや愛犬の特徴に合わせて生活環境を整えてあげるとよいですね。

監修:いぬのきもち獣医師相談室 担当獣医師
取材・文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿されたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

【関連記事】

おすすめの記事