Yahoo! JAPAN

SKE48 荒井優希、さいたまスーパーアリーナでプロレス2戦目に参戦!「これからも期待してくださると嬉しいです」

Pop’n’Roll

©東京女子プロレス

SKE48の荒井優希が、本日6月6日(日)にさいたまスーパーアリーナで開催された<CyberFight Festival 2021>に参戦。乃蒼ヒカリ&瑞希&荒井優希 vs 伊藤麻希&上福ゆき&小橋マリカの6人タッグマッチに臨んだ。

デビュー戦は無観客の配信マッチとなったが、本日は客席が埋まった会場での試合に。

リングサイドの中継には、4月にSKE48を卒業した松井珠理奈が出演。荒井は試合前の配信番組で、“じゅりちゃん(松井)に「Finally(かかと落とし)」を見せたい”と意気込んだ。

さいたまスーパーアリーナには、SKE48のコンサートや握手会などで何度か出演したことがある荒井。“馴染みのある会場だし、デビュー戦の時より緊張は少ない”と話しており、上福ゆきにエルボー攻撃をしたり、宿敵・伊藤麻希にパンチをくり出すなど、快調なスタートを見せた。

しかし、すぐに劣勢になり、小橋マリカにコーナーに追い詰められると、ヘッドロックやキックなど次々と攻撃を受けることに。3人に捕らわれ、伊藤が不敵な笑みを浮かべた間一髪のところで、乃蒼ヒカリと瑞希に救われた。

先輩2人の華麗な技での応戦に力を取り戻し、得意技“Finally”を伊藤に決めると、観客席には惜しみない拍手が発生。

2回目の“Finally”はウマく決めることができず、最後はまたも伊藤から“伊藤パニッシュ(逆エビ固め)”をかけられてギブアップ。勝利をつかむことはできなかった。

試合後には、東京女子プロレス代表・甲田哲也が、次回6月17日(木)の後楽園ホールでの試合について“まだ本人にも伝えてなかったですが、今日の試合で成長が見られたので、初めてのシングルマッチを組みたいと思っています”とサプライズ発表。

荒井は驚きながらも、“苦しい時に助けてもらえないのが心配なんですが、今のままでは瞬殺でやられてしまうので努力します”と、これからも精進を続けることを誓った。

荒井優希 コメント
瑞希さんとヒカリさんがすごく優しくサポートしてくださったり、いろんなことを教えてくださって、東京女子プロレスの環境がすごくいいことでホントに助かっている部分が大きいなと思います。今回は初めての有観客(試合)で、会場のみなさまの温かい拍手がすごく届いて、有観客のパワーはすごいなって感じました。応援のおかげですごく力がわいたんですが、勝利には届かなくて、まだまだだなという思いですが、まだ2回目ということでこれからも期待してくださると嬉しいです。

試合後に、近くで見ていた(松井)珠理奈さんから“エルボーは、こうやってやった方がいいよ”とか技の出し方など、以前『豆腐プロレス』の時に珠理奈さんが先生から教えてもらったことを、教えていただきました。次の試合では活かせるよう頑張ります!

今後の試合予定
<Additional attack>
日時:2021年6月17日(木) 開場18:20 開始19:00
会場:東京・後楽園ホール

<Stand proud>
日時:2021年6月26日(土) 開場11:30 開始12:00
会場:東京・両国KFCホール

<Don't miss the signs>
日時:2021年7月10日(土) 開場11:30 開始12:00
会場:東京・両国KFCホール

<The sky is the limit 2021>
日時:2021年8月7日(土) 開場12:00 開始12:30
会場:愛知・日本ガイシスポーツプラザ第3競技場

チケット販売情報などの詳細は東京女子プロレス公式サイトにて

【関連記事】

おすすめの記事