Yahoo! JAPAN

【2021夏】東京湾『ルアータチウオ』入門 基本のタックル・釣り方

TSURINEWS

ドラゴン浮上(提供:太田屋)

いよいよ夏タチシーズン開幕で、今年も盛り上がりを見せる東京湾のタチウオ釣り。今回は東京湾ルアータチウオにスポットを当て、その基本の釣り方と釣況を紹介しよう。

ルアータチウオタックル

タックル図(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

ルアータチウオの基本のタックルを紹介する。

本命手中(提供:渡辺釣船店)

サオ

ジギングではフォール中のアタリがとりやすい両軸(ベイト)リールタックルがオススメ。

ルアー

メタルジグが基本。おおむねオールシーズン80~150gを使用。

リーダー

PEラインを使用するルアー釣りでは、根ズレ防止のためリーダー使用が定番。タチウオの場合も1号以下の細いPEラインと50lbクラスの太いリーダーの結束を行う。

ワイヤーリーダーはオマツリした場合ほどきにくく、いざというときに切るのもひと苦労。使用禁止の宿もある。

フック

バーブレストリプルが一般的。フロントにスイベルとスプリットリングが付いたアシストフックを取り付ける。

アイテム

歯の鋭さから、高切れやリーダー切れが多いので、リーダーやミチイトの予備も持参したい。フックを外す際にかまれることが多いので、フィッシュグリップがあると便利。

ルアータチウオの釣り方

基本的なジャークについてはイラスト参照。

ジャークの流れ(作図:週刊つりニュース関東版 編集部)

青物などと違い、速い動きにこだわる必要はないが、よく反応するケースは多い。いろいろなシャクリを試して、ヒットパターンを探るといいだろう。キャストして探るのも有効だ。

ヒット

海面に向かって泳ぐことの多い魚なので、ヒットしたものの、巻き上げ中にフッと軽くなることがある。そのため、竿の曲がりを保ったまま一定の速さで巻き上げる。

良型ゲット(提供:つり幸)

巻き上げ中に軽くなっても巻くのを止めないように。たるんだリーダーがタチウオの口に触れてハリスが切れる原因になる。

取り込み

海面近くでも上方向に泳ぐので、勢いよく抜き上げるのがいい。抜き上げたらフィッシュグリップなどで、必ず口の近くをつかんでフックを取り外す。

東京湾の釣況

内房木更津の宮川丸は土日祝限定で受付中。7月4日は14~21尾。深川の吉野屋/深川132cmのジャンボが登場、数は0~34尾。

132cmのジャンボタチウオ登場(提供:吉野屋)

東京湾金沢八景の太田屋では7日、122cmが登場。川崎のつり幸は7日、128cm含み3~25尾。横浜山下橋の渡辺釣船店は134cm頭に10~30尾。

<週刊つりニュース関東版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年7月16日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post【2021夏】東京湾『ルアータチウオ』入門 基本のタックル・釣り方first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事