Yahoo! JAPAN

マリリン・マンソン、警察の家宅捜索受ける

ナリナリドットコム

マリリン・マンソン(52歳)の自宅が、一連の性的暴行疑惑により、警察の手入れを受けた。11月29日、米ロサンゼルス保安局(LASD)の警察官らが、ウェストハリウッドにあるマンソンことブライアン・ワーナーの家を家宅捜索。本人は不在だったという。

米ゴシップサイト・TMZによると、警察はハードドライブなどメディア記憶装置を押収したそうで、同件がロサンゼルス地方検事に渡る前に検証に入るようだ。

現在多くの女性から、性的及び身体的な暴行を受けたとして訴えられているマンソン。今年9月にはその中の1件が棄却となっていた。

一方、元婚約者のエヴァン・レイチェル・ウッドや、元恋人で「ゲーム・オブ・スローンズ」のロス役で知られるエスメ・ビアンコらもマンソンの暴行を告発、エヴァンは今年2月、何年にもわたって酷い虐待を受けてきたと明かし、エスメもマンソンと交際中だった2011年に、ロサンゼルスで2カ月間同棲した際、「囚人」のように感じ、身体的な傷やPTSDを負ったと告白している。

他にもマンソンの元アシスタント、アシュリー・ウォルターさんがマンソンから性的暴行、暴力、嫌がらせを受けたとして訴訟を起こしている。

【関連記事】

おすすめの記事