Yahoo! JAPAN

大泉洋、崖っぷちすぎて池田エライザから怖がられる「もう喋らんとこう!と思った」

ドワンゴジェイピー

大泉洋、崖っぷちすぎて池田エライザから怖がられる「もう喋らんとこう!と思った」

俳優の大泉洋が3日、都内で行われた映画『騙し絵の牙』(3月26日全国公開)PRイベントに松岡茉優、宮沢氷魚、池田エライザ、木村佳乃、斎藤工、國村隼、佐藤浩市、吉田大八監督と参加した。


累計発行部数50万部突破を誇るミステリー小説「罪の声」の著者・塩田武士が、俳優・大泉洋を主人公にあてがきした小説を映画化。崖っぷち出版社を舞台に繰り広げられる、仁義なき騙し合いバトルをオールスターキャストで描く。


吉田監督と初タッグの大泉だが「この撮影の時の私は常に崖っぷち。吉田監督から全然OKが出ない。10回くらいやる。そこに佐藤浩市さんみたいな妖怪レベルの怖い人がいるからパニックになる。OKと言われた瞬間、フーッ!となる。これだけの俳優さんを集めてどんな神経をしているのか…」と妥協を許さぬ吉田監督の粘りにタジタジ。



松岡が「演技が大泉洋さんっぽいからNGというのもありましたよね?」と舞台裏を明かすと、大泉は「原作小説は私のあてがきですよ!?」と不満噴出も「私の映画の中では一番私らしくない。結局は吉田監督に感謝です」と新境地開拓の手応えを得ていた。




テイクが重ねる苦労エピソードを大泉が語る中で、池田は「大泉さんの長セリフのシーンでテイクが重なると、大泉さんは『俺の馬鹿たれ!』と机を叩いて自分を責める。あれがメチャクチャ怖かった。そんな中で自分が噛んでしまったら…と。もう喋らんとこう!と思った」と大泉の裏の顔を暴露!?それに松岡から「凄い圧力をかけられていたんですね~。その結果、池田さんの崖っぷちも作ってしまった…」と責められた大泉は「ご迷惑を…」と池田に平謝りも「なんだよ今日、いいことねえよ!」とすねていた。

会場に吊るされたのは、微笑を浮かべる大泉の顔が大写しにされた縦11メートル×横10メートルの巨大看板。口元に書かれた「大逆転始めましょうか。」という文字が剥がされた場所から、大泉をはじめとするキャスト陣&吉田監督が登場となった。


自身の巨大な口からの登場に大泉は「相当に派手な趣向でやっていただき嬉しい」と大喜びかと思いきや「これだけ大きな自分の顔の口からの登場って…う~ん、あんまり気持ちのいいものじゃない」と天邪鬼毒舌。煌びやかなキャノン砲も発射されて「こんな大がかりなイベントをやっていただき、まるでワールドカップで優勝したみたい」と派手やかな開幕式に微笑を浮かべていた。

【関連記事】

おすすめの記事