Yahoo! JAPAN

横浜流星「ホームコメディをやりたい」広瀬すず&松坂桃李と次回作を構想

フジテレビュー!!

広瀬すずさんと松坂桃李さんがW主演を務める映画「流浪の月」の大ヒット御礼舞台挨拶が、5月24日に行われ、広瀬さん、松坂さん、横浜流星さん、多部未華子さん、李相日(リ・サンイル)監督が登壇しました。

イベント後に、『めざましテレビ』の鈴木唯フジテレビアナウンサーが、広瀬さん、松坂さんと横浜さんにインタビューしました。

左から)李相日監督、横浜流星、広瀬すず、松坂桃李、多部未華子

松坂桃李 事務所の社訓は「品とポップ」かつ「トークもしっかりやれよ!」

本作のPR活動で「兄貴っぷり」を発揮したという松坂さん。

広瀬さんは「みんながあまりしゃべるタイプではないので、全部回してくださるんです。すべて甘えてしまって」、横浜さんは「包み込んでくれるような温かさがあって、安心感を得ちゃう」と称賛。

それを聞いた松坂さんは「(所属している)トップコートの社訓みたいな感じなんですよ。うちの事務所は『品とポップ』を掲げているらしくて、かつ『トークもしっかりやれよ!』という裏の命令があるんです」と明かしました。

3兄妹のホームコメディー、肝心の両親役は?

続いて、鈴木アナが「この3人でまた作品を撮るとしたらどんな作品で、どんな設定?」と質問。

「家族ものですかね」と、松坂さんが提案すると広瀬さんも「『きょうだい』って思いました!」と同意。松坂さんが「きょうだいで何します?」と設定を詰めると、広瀬さんは「両親を探しに行きます」と答え、2人からは「(設定が)重い」とリアクションが。

一方、横浜さんが「僕コメディーをやったことがないので、ホームコメディーをやりたいっす!」と意欲を見せると、松坂さんは「親が重要ですね」とイメージを膨らませます。

「お父さんは宮藤官九郎さんかな」と松坂さんが発言すると、広瀬さんがお母さん役にキムラ緑子さんを推薦。松坂さんはカメラに向かって「ぜひこれをご覧いただいている関係者の皆さま、実現させてください」と呼びかけました。

映画「流浪の月」は、全国公開中。
©2022「流浪の月」製作委員会
配給:ギャガ

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 進化する「シン・腰越」に注目! 「江ノ電自転車ニキ」ディランさんに、腰越のいいところを教えてもらいました

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 【吉本興業110周年感謝祭 よしもとお笑いライブ ~笑い浴びる夏到来!~in魚沼2022】ベテランから注目コンビまで。人気芸人たちが魚沼に大集合!

    日刊にいがたWEBタウン情報
  3. プロが教える【スズキの目利き】 切り身は透明感をチェックしよう

    TSURINEWS
  4. 愛犬がシニアになる前に経験させるべき『5つのこと』

    わんちゃんホンポ
  5. 猫の『やんのかステップ』ってなに?よくある威嚇のサイン4つ

    ねこちゃんホンポ
  6. にわとり・ひよこ・ぱんだ・ぶた・ねこ・くまの6種類 全員集合でパシャリ!神戸北野・SOLA CAFEに「新作そらたま」誕生

    Kiss PRESS
  7. <母をいびる祖母>「ばあちゃんが嫌い」膨れ上がった家族への嫌悪感。家を出た僕は【まんが】

    ママスタセレクト
  8. 櫻井翔、北川景子は「兄妹みたい」な存在

    ナリナリドットコム
  9. 【東京ディズニーシー20周年】グランドフィナーレのランチケース登場!“アニバーサリー3デザイン”並べてみた

    ウレぴあ総研
  10. <ママ友は必要?不要?>仲の良いママ友がほしいけれど立ち話で終わる。お悩みに寄せられた本音とは

    ママスタセレクト