Yahoo! JAPAN

猫が前足で「バシッと叩く」5つの心理 殴ったね!?と怒る前に知っておきたい愛猫のキモチ

ねこちゃんホンポ

1.自分を見てほしい

猫が前足で飼い主さんを叩く理由のひとつに「自分を見てほしい!」という心理があります。叩くことで注意を引き、飼い主さんにかまってもらおうとするのです。

単に愛情を求めている場合や、食事を催促している場合もあります。もちろん猫に敵意はないので、間違っても叱らないようにしましょう。

2.一緒に遊びたい

猫が前足で叩くのは、飼い主さんを遊びに誘っている可能性があります。「バシッ!」と強めに叩いてくる猫や、「トントン」と優しくタッチしてくる猫もいます。

パンチした後に身を低くして飼い主さんをじっと見つめたり、尻尾を振ったりして、遊びたい気持ちを全身で表す猫もいるでしょう。

信頼している人にしか見せない行動のため、猫が遊んでほしそうにしていたら、できるだけ一緒に遊んであげてください。

3.イライラしている

猫は不満を感じてイライラしているときにも前足で叩くことがあります。例えば、飼い主さんの撫で方が気に入らないとき、猫は飼い主さんの腕を強めに叩いて「やめて!」と気持ちを伝えます。

ここで猫を構うのをやめないと本気噛みしてくる可能性もあるので、猫のイライラのサインを見逃さないように注意しましょう。

4.未知のものへの好奇心

猫は好奇心が強いため、新しいものや興味をひくものに対して、前足で叩いて探索することがあります。はじめは恐る恐るタッチして、危険がなさそうだとわかると、強めに「バシバシ」と叩くようになります。

新しいおもちゃや、飼い主さんの持ち物を恐る恐る叩く姿はとても可愛らしいですが、本人はいたって真剣です。好奇心の対象物が安全なものであれば、愛猫が満足いくまで探索させてあげましょう。

5.防衛本能

恐怖や不安を感じたときの防衛本能として「バシッ」と叩くことがあります。例えば、大きな音に驚いて近くにいた飼い主さんを叩いてしまったり、後ろから急に触られたことに驚いて猫パンチをしてしまったなどの状況です。

これらの行動は、自分を守ろうとして反射的に行ったものであり、決して悪気はありません。飼い主さんは愛猫がなぜ恐怖を感じたのかを理解し、不安を取り除いてあげましょう。

まとめ

猫が前足で「バシッ」と叩く理由は、飼い主さんの気を引くためや、未知のものへの好奇心などさまざまな理由が考えられます。

いずれも悪気があってやっているわけではないので、飼い主さんは間違っても愛猫を叱らないようにしましょう。急に叩かれると驚くかもしれませんが、行動の意味をよく考えて愛猫のキモチに応えてあげてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事