Yahoo! JAPAN

【子どもとおでかけ】ぐずり・抱っこ・おむつ交換…「賢いママの解決策」

ウレぴあ総研

子どもが小さいときには、お出かけや旅行となると楽しい反面、大変なところもありますよね。

実はアンケート調査結果では、ママもパパも外出先での育児は多くの人たちが苦手意識を持っていることがわかっているんです。

そんなよくある外での育児あるある悩みを、賢いママはどんな風に解決しているのか、子育てカウンセリングの専門家に伺いました。参考になりますよ!

ママ・パパの約9割が「家ソト育児」が苦手!

P&Gジャパン株式会社の「パンパース」が2019年12月、紙おむつをしている0歳から3歳児のママ・パパ1000人を対象に、外出先での育児=家ソト(イエソト)育児の実態を探る「家ソト育児調査」を行った結果、87.9%と約9割が「家ソト育児は苦手」と回答しています。

特にママがパパに手伝ってほしい家ソト育児として、子どもを「抱っこ」(76.4%)や「あやす」(65.2%)「おむつの交換」(61.0%)が多くなっていました。

また子どもと一緒の外出に対する不安については62.0%が「不安を感じる」と回答。その理由を聞くと、「子どもがぐずって泣き止まなさそう」が70.3%でトップとなり、次いで「電車やバスなどの公共交通機関での移動が不便そう」が51.6%、「子どもを抱っこし続けなければいけなそう」が47.3%と続きました。

どれも子どもとの外出を経験したことのあるママなら「あるある!」な悩みではないでしょうか。

ママたちのお出かけ悩みの対策を体験から伝授!

そこで今回は、これらの子どもとの外出時に起きるお悩みについて、賢い解決策を探るべく、先輩ママに伺いました。

お話を聞かせてくれたのは、コーチングオフィスLa Luce代表の久保木惠子さん。妊婦さんや子育て中の女性の心のケアを専門に、カウンセリングや執筆活動を行っています。自身も乳幼児の母親であり、子育て真最中とのこと!

よくあるお悩みそれぞれの対策を実体験からアドバイスいただきました。

1.おむつを交換できる場所が少ない

久保木惠子さん(以下、久保木)「外出前に、おむつ交換台の場所をチェックしていました。

外出先は動物園、ホームセンターなど、いわゆる、『赤ちゃんフレンドリー』な場所が中心なので、さほどおむつ交換に困ったことはありませんでした。

事前トイレチェックは、子どもがおむつを外れてからのほうが重要です。子どもが突然『トイレに行きたい!』と言っても、事前に調べておけばすぐに対応できるので、親の心と時間の余裕ができます」

2.女性トイレ以外におむつ台がなく、パパに頼めない

久保木「確かに、女性トイレのみにしかおむつ台がないところもありますね。我が家では男性トイレにおむつ台があるときは、パパが交換し、それ以外は私という感じでした。

『誰でもトイレ』におむつ台が設置されている場合は、パパ1人でおむつ交換したり、私も入って手分けしておむつ交換をしたりしていました」

3.おむつのゴミを持ち帰らなければならない、おむつ用のゴミ箱が少ない

久保木「おむつ交換台があるだけありがたかったです。もちろんおむつ用のゴミ箱があれば尚うれしいですが、そこまで多くは望めないですね。

おむつの持ち帰りを想定して、ビニール袋を多く持ち歩いていました。二重にすれば匂いもブロックできるので安心です。

ビニール袋は遊んでいる最中に汚れた子どもの洋服やお菓子のゴミを入れることもできるので、大活躍です」

4.子どもがぐずって泣き止まなくなる

久保木「子どもが金切り声を出したり、ぐずったりするのは『私の気持ちをわかって!私を見て!』と子どもからのサインです。そういうときは子どもに『どうしたの?』と優しくたずねるといいでしょう。

お気に入りのおもちゃを持っていたかった、自分で靴を履きたかった、など何かしら理由があるはずです。そして子どもの気持ちに『自分でおもちゃを持っていたかったのね』『自分で靴を履きたかったのね』と共感しましょう。

これは子どもに限らずですが、自分の言い分をわかってもらえると、気持ちもすっきりするものです。気持ちがすっきりすればグズりもやむことがあります。

まずは子どもの気持ちをすっきりさせてから『ここは公園ではないから、大きな声は出さないよ』とたしなめるといいでしょう。

そして、外出先のみならず普段から子どもに『どうしたの?』と聞くことが大切です。『パパとママは、いつでも私の気持ちをくみとってくれる』こんな信頼関係が子どもと築けたら育児はスムーズにいきます」

5.電車やバスなどでの移動が不便

久保木「好奇心旺盛な子どもにとって、交通公共機関はまさにパラダイス。あちこち触りたくてたまらなくなるのも無理はありません。

私自身、電車やバスでの移動は緊張しました。特に狭いバスはハードルが高かったですね。子どもがバスの降車ボタンを押したがるので大変でした。

まずは親2人で乗り、手分けをしていました。そこから、親1人でも乗れるように慣らして行きました。子どもも大きくなると親の言うことも理解するので、大人しく座っていてくれます。

親も子も成長するので、回数を重ねるうちに不便が不便でなくなるはずです」

6.子どもを抱っこし続けなければならない

久保木「抱っこ紐があるときはまだしも、大きくなってからは大変ですよね。『あそこの電柱(郵便ポスト、スーパー)に行ったら抱っこするよ。だからそこまでは歩いてね。』などと、子どもにもわかるルールを定めて、伝えていくといいでしょう。

そして子どもには、『パパとママもずっと抱っこしていたいけれど、もう肩が痛くてできないんだよ』と親の限界を伝えることも大切です。また、抱っこが好きな子は、親が座っているときにいっぱい抱っこすることで気持ちを満たすといいでしょう」

子どもとの外出は、ママやパパにとって色んな大変さがあるものの、子どもにとっては大冒険! もちろん子どもも親も学びの場でもあります。

そんな外出先でのお悩みは、ママとパパが協力し合って賢く対処しながら、回数を重ねて上達していくことがポイントといえそうです。お出かけや旅が親子で心から楽しめるようになるよう、頑張っていきましょう!

【取材協力】久保木 惠子(くぼき けいこ)さん

コーチングオフィスLa Luce代表。自身も乳幼児の母親であり子育て真最中。ライフスタイルが大きく変わる妊娠出産・育児期の女性の心のケアを専門に、相談者に寄り添うカウンセリングや執筆活動を行っている。育児中のイライラや孤独感、母親としての責任感や罪悪感に苦しむ方々の気持ちを少しでも楽にすることが目標。

(ハピママ*/今村 梓)

【関連記事】

おすすめの記事