Yahoo! JAPAN

ウィル・スミス、アカデミー賞授賞式の“平手打ち”ハプニング後、大御所俳優が慰めてくれたと告白

Techinsight

妻を侮辱され激怒したウィル・スミス

米ロサンゼルスで開催した第94回アカデミー賞授賞式のステージで、米俳優ウィル・スミス(53)が、妻を侮辱したコメディアンのクリス・ロック(57)の顔を平手打ちした。ハプニング後、コマーシャル中には俳優デンゼル・ワシントン(67)が慰めに来て、ウィルに業界で生き抜くためのアドバイスをしたという。

現地時間27日、ハリウッドのドルビー・シアターで開催したアカデミー賞授賞式のフロントロウには、映画『ドリームプラン(原題:King Richard)』の主演男優賞でノミネートされたウィル・スミスと、妻で女優のジェイダ・ピンケット=スミス(50)が座っていた。

式典のステージに立ったプレゼンターのクリス・ロックは、ジェイダに向けて「愛してるよ。『G.I.ジェーン』第2弾で、君を見るのが待ち遠しいよ」とジョークを放った。

映画『G.I.ジェーン』(1997)は女優デミ・ムーアが髪を短く刈って主演した作品だ。ジェイダは脱毛症を患うことからショートヘアにしているため、クリスが彼女の姿を揶揄したとみられる。

クリスがこのジョークを放つとウィルは笑っていたが、隣に座るジェイダは目をぐるりと回して、困惑した表情をしていた。

すると突然ウィルがステージに上がり、クリスの方に向かって真っすぐ歩いて行くと、いきなり平手打ちをしたのである。

ウィルはすぐに黙って客席に戻ったが、クリスは「オー! ワオ! ウィル・スミスが僕を叩いた!」と驚いた様子だった。

ウィルは客席からFワードを交えて「お前の汚い口で、俺の女房の名前を言うな!」と叫んだが、クリスが「あれはG.I.ジェーンのジョークだったんだ!」と返した。しかしウィルが「お前の汚い口で、俺の女房の名前を言うんじゃない!」と大声で繰り返すと、クリスは「そうするつもりだよ。オーケー?」と言い、「これは、テレビ史上最高の夜だったよ」とその場を繋いだ。

式典の様子は米国のテレビで生放送されていたが、この番組は途中でカットされた。

この後、見事主演男優賞を受賞したウィルはスピーチを行い、「アカデミーと、ノミネートされた仲間に謝罪したい」と述べ、同作で演じたリチャード・ウィリアムズと自身の姿を照らし合わせた。

「芸術は人生と同じだ。僕はクレイジーな父親のようだ。リチャード・ウィリアムズも同じように言われていたが、愛がそうさせるんだ。」

スピーチでウィルは、ハプニング後のコマーシャル中には、俳優デンゼル・ワシントンが慰めに来たことも明かした。デンゼルはウィルに向けて、このようにアドバイスしたという。

「このビジネスでは、自分を侮辱する人がいても、大丈夫なふりをしなくちゃいけない。最高の瞬間にこそ、注意すべきだ。その時に悪魔がやってくるんだから。」

最後にウィルは「僕の母や家族、妻を愛し、大切にできること、そしてこの栄誉をありがとうございます。この瞬間に感謝し、アカデミー賞が僕を再び招待してくれることを願います」と感謝を述べた。

同日、ウィルの息子ジェイデン・スミス(23)は自身のツイッターで「これが僕達のやり方だ」とツイート、すでに削除されたもうひとつのツイートでは、「パパのスピーチで泣いてしまった」と記していた。

画像2、4、5枚目は『Vanity Fair 2022年3月27日付Instagram「At Sunday night’s #Oscars ceremony Best Actor nominee #WillSmith shocked the room by approaching the stage and slapping presenter #ChrisRock in the face after the comedian made a joke about Smith’s wife actress Jada Pinkett Smith.」』『The Academy 2022年3月27日付Instagram「Power couples.」』『Vogue 2022年3月28日付Instagram「@willsmith who won Best Actor with his family and @saniyyasidney at the @VanityFair #Oscars Party.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 寺前郁美)

【関連記事】

おすすめの記事