Yahoo! JAPAN

酒場ライター・パリッコが行く、雑色~蒲田の湯上がり酒紀行

さんたつ

湯上がりに飲むビールは最高。これは、風呂&酒好きな方にとってゆるぎない真実だと思う。銭湯が数多くある東京都大田区周辺では、湯上がりにのんびりと酒が飲める施設を贅沢に「ハシゴ酒」することだって可能なんです!

誘惑だらけの商店街を抜けて……

雑色駅からスタート

数えるほどしか来たことのない雑色の街は、どこを見ても興味深いものだらけ。今日とは別にハシゴ酒ツアーに来なければ。

世の中には一部、一般的なイメージの範疇を大きく超えて立派な食事処を併設している銭湯があり、僕はそういう施設を心から愛している。今回巡るのはその最上級。湯上がりにゆったりと食事や酒を楽しめる上、なんとお風呂が天然温泉という天国のような2軒だ。大田区は「黒湯」の温泉が広く分布していることで有名な地。そんな温泉施設が徒歩でハシゴできる距離に数軒存在する雑色〜蒲田近辺は、僕にとってはもはや湯治場だ。この日のスタートは雑色駅。駅前の商店街はとても活気があって、肉屋の総菜を買い食いしたくなり、「風呂前に軽く一杯やっていきます?」と聞くと、同行の編集部T橋に「今日は我慢してください!」とたしなめられるのだった。

活気ある商店街を行く

古き良き街の商店がたくさん残り、数メートルごとに大興奮! わかっちゃいるけど、どこにも寄れないのがつらい……。

迫りくるお総菜の誘惑

精肉店の店頭にはリーズナブルで旨そうなお総菜が並ぶ。しかもこういう店が1軒2軒じゃないのがすごい。次に引っ越すなら雑色かな。

まるで温泉旅館! 絶品つまみと地酒に舌鼓

そんなことをしていると、あっという間に『ヌーランドさがみ湯』に到着。ここに来るのは初めてだったが、館内に入り、あまりの雰囲気のよさに大興奮した。1階に浴室、食事や休憩ができる2階には、昔懐かしいゲームコーナーやカラオケルーム、卓球台まで完備。なにより、ステージ付きの大宴会場! 畳敷きの大広間に長テーブルがいくつも並び、日が差し込む窓の外のテラスには、ちょうど紅葉が見ごろを迎えている。もうここ、ほとんど温泉旅館じゃないか!

種類豊富なお風呂を楽しむ

温泉はもちろん、ジェット、バイブラ、電気風呂など8種類。加えてオリジナルのサウナハットで本格サウナも楽しめる。

風呂の種類も多く、とくに東屋風の露天の居心地が極上だ。まったりとした肌ざわりの黒湯を出ると、体がぽかぽかといつまでも温かく、その状態でキーンと冷たい生ビールを喉に流しこめば、「は〜……」。言葉が出ない。

充実のつまみで昼飲み開始

グラスにそびえ立つ海老カツ串1本400円や、炙り牛もつポン酢600円など、ツボを押さえた居酒屋メニューが目白押し。

料理は専属料理人が作る本格派で、特に日替わりの壁メニューには、新鮮な魚介もあり、居酒屋顔負けの品揃え。巨大な海老カツの盛りつけに、しばし目が釘づけになった。ご主人すら何年前かわからないという創業時、ここは食堂だったそう。その頃から付き合いのある酒屋から仕入れたという、地酒まで揃えている。

こだわりの日本酒も勢ぞろい

地酒も90㎖から頼めるので、色々な種類を楽しめる。タクシードライバー480円(90㎖)ほか。酒盗がっこクリームチーズ680円。

あ〜、このまま一日中ここにいたい。だけど、今日は“温泉ハシゴ酒”なる酔狂な企画の真っ最中だったことを悔やむしかない。

なぜかやりたくなるレトロゲーム

ピンボールの要領で鉄の玉を弾き、縦横斜めのどれかが並べば景品(わんちゃんの人形)が当たるゲームに、我を忘れて熱中。

グッズも忘れずにチェック

Tシャツやトートバッグなど種類豊富なグッズは、女将さんによるデザイン。次々新作が登場する売り切れ御免のレアものたちだ。

黒湯の殿堂で触れるもうひとつの温かさ

続いて向かったのは、おなじみの『蒲田温泉』。とりあえず儀式のように熱湯へ入り、ひぃひぃ言いながら一瞬で上がり、あらためてぬる湯でリラックスする。

歴史ある黒湯を堪能

『蒲田温泉』の黒湯は本当にやわらかく、ぬる湯でも湯上がりはぽかぽか。このお湯をいつでも楽しめるご近所さんがうらやましい。

ここの湯上がりのお楽しみは、なんと言っても「温泉釜めし」。各種具材の味がよ〜く染みこんだ、黒湯を意識した茶飯をつまみに、「黒湯ビール」をぐいっとやる。……っぷはー! なにからなにまで黒湯ずくめの極楽だ。

名物の釜めしと黒湯ビールで乾杯

4種ある温泉釜めし。今回は鶏肉たっぷりのとり釜めし1200円を。米はご主人の知り合いから仕入れる新潟県産コシヒカリだ。

これが大田区名物・汐焼きそば!

大田区ゆかり10種の具材を使った東京大田汐焼きそば770 円。もちもちの太麺にあさりや桜えびの旨味が絡み、さらに酒がすすむ。

この満足感。酒場に繰り出すのは今日は無理!

優しく世話を焼いてくれる女将さんとの会話も楽しみのひとつ。訪れるたびに「うちは本当に自由だから。どうぞいたいだけいて、好きに過ごしてね」なんて言ってもらって、心までぽかぽかになってしまうのだった。

もう酒場にはいけない体に……

温泉のあとのもうひとつのお楽しみといえば、マッサージチェアー。今日はとことん徹底的に、自分を甘やかしました!

某女優も着ていた蒲田温泉Tシャツ

ここでも思わずグッズを買いこむ。オリジナルのTシャツ、タオル、ポストカードにブックカバーなどなど、どれもかわいい~。

『黒湯天然温泉ヌーランドさがみ湯』詳細

黒湯天然温泉ヌーランドさがみ湯
住所:東京都大田区仲六郷2-7-5/営業時間:10:00~23:00(2Fお食事処は11:00~21:00)/定休日:無(2Fお食事処は火)/アクセス:京急電鉄京急本線雑色駅から徒歩4分

『蒲田温泉』詳細

蒲田温泉
住所:東京都大田区蒲田本町2-23-2/営業時間:10:00~24:00(2階大広間は12:00~23:00)/定休日:無(2階大広間は水・臨時休あり))/アクセス:JR・私鉄蒲田駅から徒歩10分

取材・文=パリッコ 撮影=逢坂 聡
『散歩の達人』2022年1月号より

パリッコ
酒場ライター
1978年東京生まれ。酒好きが高じ、2000年代後半よりお酒と酒場に関する記事の執筆を始める。著書・共著多数。漫画家/イラストレーター、DJ/トラックメイカーとしても活動中。

【関連記事】

おすすめの記事