Yahoo! JAPAN

NTLive『リーマン・トリロジー』 好評につき京都でも6日間限定で上映が決定

SPICE

NTLive『リーマン・トリロジー』

第75回トニー賞で最多5部門の演劇作品賞、演劇演出賞(サム・メンデス)、演劇主演男優賞(サイモン・ラッセル・ビール)、演劇照明デザイン賞(ジョン・クラーク)、演劇装置デザイン賞(エス・デヴリン)を賞した『リーマン・トリロジー』。この度、アップリンク京都で2022年7月22日(金)〜7月27日(水)までの6日間限定で公開が決定した。

NTLive『リーマン・トリロジー』 (C)Stephanie Berger

NTLive『リーマン・トリロジー』 (C)Stephanie Berger

現在、シネ・リーブル池袋でトニー賞受賞記念の特別上映中だが大盛況な上に、他の地域でも上映を希望する声があがっていた。そこで、急遽、上映権利が切れる日の7月27日(水)までアップリンク京都で上映することとなった。今後、上映権利が更新されない限り、これが日本最終上映となる。

NTLive『リーマン・トリロジー』 (C)Stephanie Berger

今回上映するナショナル・シアター・ライブ版はロンドンで上演されたオリジナル版で、NYの舞台に出演しているエイドリアン・レスターの役はベン・マイルズが演じている。本作でトニー賞を受賞した巨匠サム・メンデスによる巧みな演出、NYの変わりゆく姿を透明な箱のセットで表現して同じくトニー賞を受賞したエス・デブリンによるデザイン、トニー賞受賞のジョン・クラークによる照明、そして主演3人の演技と一台のピアノによる舞台進行は、全てが完璧なケミストリーを生み出し、必見としか言いようがない傑作となっている。

NTLive『リーマン・トリロジー』予告編

観た人全てが本作の完成度の高さに驚き感動する世界最高峰の演劇を、映画館で楽しんでみてはいかがだろうか。

【関連記事】

おすすめの記事