Yahoo! JAPAN

「野球が好きすぎて、バット作っちゃいました…」喜茂別町のバット職人 金野健司さん

SODANE

「野球が好きすぎて、バット作っちゃいました…」喜茂別町のバット職人 金野健司さん

喜茂別町に自宅と工房を構える「バット職人」、金野(こんの)健司さん。

小学生から野球を始めた金野さん。現在は道内初の女子クラブチームの監督を務めています。

その指導の傍ら「バットは高いので自分で作って安く提供する」という、多くの人に野球を楽しんでもらいたい思いからバットづくりを開始。

バットの好みは長さ、形、重さ、バランスなど人それぞれ。その選手にあったバットをミリ単位でオーダーを受け、なんと一本一万円で提供しています。

一本一本手作りされるバットはその見た目にも、手に取った重さやバランスも少しずつ異なります。

そのこだわりのバットづくりが始まったのは15年前。「自分で自分の振りやすいバットを作るのが面白くて。」と語る金野さん。それ以来選手の願いに適ったバットづくりに邁進しました。

そうして、金野さんのバットを使った選手の活躍も広がります。

「選手からホームランを打った、首位打者を取った、という連絡がくるのがそれはもう嬉しくて、やりがいになりますよね。」と語る通り、その喜びにも駆り立てられ15年、作り届けたバットは1000本を超えました。

工房ではバットを0.1mm単位で削っていきます。少しの刃先の狂いがあるだけで「ガタガタ」「ぼこぼこ」とした表面になりってしまいますが、金野さんの手にかかれば狙った形に表面がどんどんと削られていきます。

「0.2mmの狂いがあると、感覚的に「アレっ」となる」という金野さんの言葉。それだけ細かな仕上がりに徹底したこだわりを込めて削っていきます。

こうして作られるこだわりのバットの評判は口コミで広がり、今ではオーダーが途切れることがないそう。

そんな金野さんの夢は「喜茂別の木でバットを作る」こと。

喜茂別の木で作られたバットが、未来の野球選手に届き、活躍する日がきっと、遠くない未来に来ることを願って。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 両親よりも老けて見える13歳と6歳の姉弟「病気を治し、夢を叶えたい」(印)

    Techinsight
  2. 【会いたかったワン♡】友達と久しぶりに会えたワンコ! 歓迎のプレゼントを持参しちゃいました…♡の複製

    PECO
  3. ちょんまげしっぽスタイルがトレンドに?!流行先取り猫が話題

    ねこちゃんホンポ
  4. AKB48[ライブレポート]笑顔と感謝の気持ちで彩った横山由依卒業コンサート「夢とか希望とか明日からの活力になれるそんな存在でいたい」

    Pop’n’Roll
  5. 鞘師里保[イベントレポート]初のドキュメンタリーフィルムへの想いを告白「正直な姿をさらけ出しました」

    Pop’n’Roll
  6. 「女芸人No.1決定戦 THE W」決勝進出10組を発表

    ナリナリドットコム
  7. BREAKERZ、約5年ぶり「名探偵コナン」ED曲に決定

    ナリナリドットコム
  8. HKT48[ライブレポート]熱量の高いパフォーマンスで希望を届けた<10周年記念特別公演〜後期〜>「これからもみんなで頑張りましょう!」

    Pop’n’Roll
  9. ママ友の「安く買った話」が自慢に聞こえてしまう……みんなの意見は?

    ママスタセレクト
  10. 【NEWOPEN】大人だけの隠れ家空間♪喫煙可能でクリーンなおしゃれカフェ『CAFE T』〜青葉区中央〜

    宮城仙台散策マガジン せんだいマチプラ