Yahoo! JAPAN

舞台『刀剣乱舞』2023年以降のラインナップが発表 歌仙兼定(七海ひろき)、大俱利伽羅(彩凪 翔)が登場する舞台、山姥切国広(荒牧慶彦)の舞台など上演

SPICE

舞台『刀剣乱舞』

2022年5月15日(日) 新歌舞伎座にて上演された、舞台『刀剣乱舞』綺伝 いくさ世の徒花 大千秋楽公演にて、刀ステシリーズ2023年以降の新作公演等の情報が解禁された。

まずは、2023年2月に上演予定の舞台『刀剣乱舞』禺伝 矛盾源氏物語(ぐでん むじゅん げんじものがたり)。歌仙兼定役を演じるのは七海ひろき、大俱利伽羅役を演じるのは彩凪 翔と、これまでの刀ステ本丸とは異なる切り口の物語が展開される。

歌仙兼定:七海ひろき  (C)NITRO PLUS・EXNOA LLC/舞台『刀剣乱舞』製作委員会

大倶利伽羅:彩凪 翔  (C)NITRO PLUS・EXNOA LLC/舞台『刀剣乱舞』製作委員会

続いて刀剣男士は、山姥切国広役の荒牧慶彦のみの出演となる舞台『刀剣乱舞』山姥切国広 単独行 –日本刀史-(やまんばぎりくにひろ たんどくこう にほんとうし)が同年10月~11月に上演予定。

山姥切国広:荒牧慶彦  (C)NITRO PLUS・EXNOA LLC/舞台『刀剣乱舞』製作委員会

さらに舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺のアニメ化が決定。シリーズ構成・脚本は末満健一が務める。そして、同年夏には、刀ステ7周年を記念して、舞台『刀剣乱舞』7周年感謝祭の開催が発表された。

【特報PV】舞台『刀剣乱舞』2023年以降ラインナップ

いずれも詳細は、今後発表予定となる。2023年も目が離せない刀ステに注目しよう。

【関連記事】

おすすめの記事