Yahoo! JAPAN

節約のプロ・ののこさんが伝授!お金が貯まる家事~暮らし方編~

マイカジ

節約のプロ・ののこさんが伝授!お金が貯まる家事~暮らし方編~

節約しながら効率的に家事をこなし、インスタグラムの投稿やテレビ出演などで、今注目を集めている、ののこさん。連載の最終回は、普段の暮らしの中で意識している何気ない節約アイディアをピックアップしました。

必要かどうかを考える!「足るを知る」が大事

夫婦の間で「背伸びをしないこと」を約束にしています。私はインスタグラムをやっているので、自分をよく見せたいという気持ちはなくはないのですが、それで赤字になっては元も子もなし! 「高級車」「最新機種のスマホ」「高価な家具」など、本当に必要なのか?と自分自身に問いかけることを忘れないようにしています。

暮らし方テク1身の丈に合ったもの選び

洋服でもインテリアでも、流行やブランドにとらわれず「身の丈に合う」ということを選択の基準に。そうすると無理に格好つける必要がなくなり、スッと気持ちが軽くなったような感じになりました。もちろん、無駄に高い買い物もしなくなったので、節約にも♪

暮らし方テク2買う必要のないものを考える

生活を見直すと、当たり前のように買っていたものも意外となくても生活できる、ということに気づきます。例えば、余分な布団やラグやマット、ごみ箱など、私には不要でした。「これは本当に必要?」と考え「いずれゴミになりそう」というものは買わないようにする反面、ここにはお金をかけたいというポイントも厳選しています。私の場合、コーヒーメーカーのおかげで、ラテマネーを節約!

暮らし方テク3インテリアは飽きのこない白

以前、私がピンクにハマっていて、家中ピンクでしたが、部屋を片付けてもゴチャゴチャして見え、すぐに飽きてしまいました。今の家への引っ越しをきっかけに、シンプルな白のインテリアに統一。プチプラ収納グッズの中でも白はバリエも多く、安っぽく見えずに統一感もばっちり! 部屋が広く片づいた印象になります。

暮らし方テク4毎月1回、夫婦でマネー会議

月末、家計簿を〆るタイミングで、今月の家計簿を見ながら夫婦でマネー会議を開きます。「今月の貯金はこのくらい」「こんな出費があった」など、普段、家計管理をしていない夫は、リアルな数字を見せることで当事者意識が高くなり、節約志向に転向してくれました。

暮らし方テク5子どもと一緒にお金の話

私自身、節約に興味を持ったことがきっかけで、ファイナンシャルプランナーの資格を取得したので、中学生の娘ともお金の話をよくしています。娘の名義でジュニアNISA口座を開設し、購入する銘柄も一緒に考え、たまに評価金額をチェックしています。子どもにもしっかりした金銭感覚を持たせることが大事。

普段の生活の中で、知らず知らずのうちに節約できるチャンスを見過ごしていることがあるかもしれませんね。自分の暮らしを「当たり前」と思わずに、常に見直しができるようにしておくと、節約上手になること間違いなし!

(プロフィール)
ののこさん
節約のための家計管理や家事についてのインスタグラムの投稿が人気でフォロワー数は約30万人以上。「スッキリ家事でお金を貯める」「ののこの節約作りおきレシピ」(ともに小学館)が人気で、テレビ出演も多数。
https://www.instagram.com/nonoko_16/?hl=ja

写真: 廣江雅美

ライター: 本間綾

【関連記事】

おすすめの記事