Yahoo! JAPAN

ウサイン・ボルト、愛娘のキラキラネームは「彼女が気に入ってしまって…僕は心配だった」

Techinsight

恋人カシー・ベネットさんとウサイン・ボルト氏(画像は『Usain St.Leo Bolt 2020年3月15日付Instagram「A Week Ago #BabyBolt」』のスクリーンショット)

今年5月に待望の第1子となる女児が誕生したジャマイカ出身の元陸上男子短距離選手ウサイン・ボルト氏。今月に入り愛娘のキュートな写真と仰天のキラキラネームを公表したボルト氏が、このほど『Entertainment Tonight』のインタビューに応じ、名付けの由来や初めての育児について語った。

【この記事の他の写真を見る】

“ライトニング・ボルト(稲妻)”“世界最速男”などの異名を持つ短距離選手ウサイン・ボルト氏と

長年の恋人カシー・ベネットさんとの間に待望の女児が誕生したのは、今年5月のこと。

母国ジャマイカのアンドリュー・ホルネス首相は自身のツイッターで

「我が国の伝説スプリンター、ウサイン・ボルト氏とカシー・ベネットさん、女児の誕生おめでとうございます!」

と国民的英雄を祝福、ボルト氏とカシーさんは今月に入ってから互いのSNSで愛娘の写真と名前を公表した。

つぶらな瞳とぽってりした唇、ゴージャスなピンクのドレスとお揃いのヘッドバンドでドレスアップした赤ちゃんには、

「超美少女!!」
「なんてゴージャスな赤ちゃん!」
「キム・カーダシアンの次女シカゴちゃんに激似」

と多数の称賛コメントが集まった。

そして同時に発表された「オリンピア・ライトニング・ボルト」という超ユニークな名付けが注目を集めるのだった。

2008年、2012年、2016年とボルト氏が3大会連続で出場したオリンピックにちなんで付けられたファーストネーム“オリンピア”。自身の俊足ぶりから生まれたニックネームに、“ライトニング・ボルト(稲妻)”を借用したミドルネームには、

「“世界最速男”の娘にふさわしい名付け」
「これ以上パーフェクトなネーミングが思い浮かばない!!」
「ジョークだよね?」
「女の子に“稲妻”?」
「名前負けしそう」

など世間からは賛否両論の反応が見られた。

そしてこのほどボルト氏本人が『Entertainment Tonight』のインタビューに応じ、「オリンピア・ライトニング・ボルト」という名前の誕生の由来を明かした。

「実は名付け親はガールフレンドのカシーの方なんだよ。いくつかの名前が候補に挙がっていたんだけど、彼女が『“オリンピア”って名前がすごく気に入った』って。」

「僕は心配で、娘にプレッシャーをかけちゃうんじゃないか…ってカシーに警告したんだけど、『それはないわ。私はこの名前が気に入ったの』って彼女が言ったんだ。」

お腹の子が女の子であればカシーさんが、男の子であればボルト氏が名前を授けるという取り決めを2人の間で事前にしていたそうで、ミドルネームの“ライトニング”は2人で一緒に選んだという。

オリンピアちゃんの誕生時を「とても感動的だった」と振り返るボルト氏だが、その後は待ったなしで慣れない育児がスタート。睡眠ゼロで多忙スケジュールをこなす日々の中で体調を崩すこともあったそうで、「シングルペアレントの人達には新たな尊敬の念が芽生えた」とその大変さを明かしている。

育児に奮闘するボルト氏だが、気がかりなのは将来、愛娘に向けられることになるであろう世間からのプレッシャーだ。

「ぜひ走ってほしいっていう世間からの娘への期待が心配だね。だってすでにもう『この子はアスリートになるんだろう』って言われているくらいだから。」

「でも僕は『それはわからない』って答えるんだ。そういう周りの声から娘を守ってやらないとね。陸上をやるようにって周りは仕向けるだろうから。」

早くもこのように娘の将来を案じるボルト氏は、

「娘にはすべてを見せるつもりさ。その上で、娘自身が自分のやりたいことをじっくり時間をかけて決めてくれたら。」

と父親としての願いを語った。

男性は女児が生まれると、あまりの可愛さからつい娘の言いなりになってしまうとも言われるが、周囲のそんな声に「自分はこれからどうなることやら…」とまんざらでもない回答をしたボルト氏。“世界最速男”はきっと“リトル・プリンセス”に振り回されながら、イクメンアスリートという新境地で実力を発揮していってくれることだろう。

画像は『Usain St.Leo Bolt 2020年3月15日付Instagram「A Week Ago #BabyBolt」、2020年7月7日付Instagram「I want to wish my gf @kasi.b a happy birthday and To let u know I am happy I get to spend ur special day with u.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

おすすめの記事

新着記事

  1. (ボロッ…)新入りの『ハスキーのぬいぐるみ』が家族に可愛がられ猛烈に嫉妬…バッチリ仕留めあげた柴犬コンビ。【動画】

    柴犬ライフ
  2. 「お呼びですか…」もう目が開かないらしい…イタズラしたゴールデン。『隠し事』が下手すぎてもはや笑えてくる【動画】

    Retriever Life
  3. (ポカン…)ママがおやつを食べ始めた…自分も食べている気でいるのか、口が動いてしまうわかりやすいフレブル。【動画】

    French Bulldog Life
  4. 隙間にあるモップが気になる! 体や手をぐい〜んと伸ばし、一生懸命に取ろうとする猫さんが可愛かった♡

    PECO
  5. 広島のバーで楽しむフルーツカクテル♡ペコマガ編集長的おすすめの店3選

    広島のタウン情報webマガジン ペコマガ
  6. 『半沢直樹』箕部幹事長役・柄本明の“高速土下座”に反響「もはやドリフのコント」

    Techinsight
  7. フレーバーで楽しむ新感覚の甘酒!ビジュアルも映えて話題『糀屋 壽之介』~黒猫スイーツ散歩 浅草編④~

    さんたつ by 散歩の達人
  8. 『THE SOLAR BUDOKAN 2020』2週目のタイムテーブル解禁 トリはTHE BAWDIESとChar

    SPICE
  9. MOROHAアフロの『逢いたい、相対。』第二十四回目のゲストはカツセマサヒコ 憧れていた場所にたどり着いた時、男の目に映った世界とは

    SPICE
  10. ASKA「今しか歌えない歌を」コロナ禍での“新しいリアル”を語る【ロングインタビュー】

    ウレぴあ総研