Yahoo! JAPAN

最新!「成城石井で買うべきパン」“成城石井マニア”が選ぶおすすめ5品

ウレぴあ総研

高品質の原料をふんだんに使用した「成城石井のパン」は、美味しいだけでなくコスパもめちゃくちゃ優れていて、いいこと尽くし!

今回は、まだ知らないという方にも食べて欲しい!

「成城石井」に足繁く通って十数年の筆者が選ぶ、絶対間違いないパンを5品ご紹介します。

成城石井 発酵バターのミニクロワッサン 464円(税込)

まずはこちら!『成城石井 発酵バターのミニクロワッサン』。

ミニクロワッサンといっても、まあまあの大きさのクロワッサンなので、決して小さくないんです。それがなんと8個も入っていて500円しないんですよ。

しかもマーガリン等はまったく入っておらず、使っているのは発酵バター100%! しかもフランス産! 小麦もフランス産です。

伝統的な製法で作られた、本場さながらのクロワッサンで、温めたりしなくても美味しいのが特徴。

軽くトーストすると、サクッと食感が蘇り、バターの香りもぐんぐん引き出されて香りだけも最高です。

成城石井自家製 バターじゅわっともっちり塩パン 323円(税込)

バター続きでご紹介するのは『成城石井自家製 バターじゅわっともっちり塩パン』。

こちらもまあまあの大きさの塩パンが5個入っていて、1個当たり約60円とは安い!

安いからって、妥協は一切なしなのが成城石井のパン。

こちらにもフランス産の発酵バターを使用していて、マーガリンは一切使っていません。

パッケージ記載にある通り、これはアルミホイルを敷いたトースターで温めて食べるのが美味。

塩パンらしく、外はかりっと、中はふんわりとして、バターの香りがじわっと広がります。

注目すべきは、パンの底! 底にバターが染み込んでいるので、温めることでカリッと感が増すんです。

噛むとじゅわー! 名称通り“じゅわっとバター”を体感できます。

だからといって、油っこすぎないところがやはり成城石井。

これを食べれば、塩パンの油っこいイメージが覆されるかも!

成城石井自家製 カシューナッツの全粒粉スコーン 431円(税込)

“スコーンシリーズ”のニューフェイス! 『成城石井自家製 カシューナッツの全粒粉スコーン』は、発売してまもなくからドはまりしている逸品!

小ぶりのスコーンが6個入っています。

中がぎゅっと詰まっているので、小ぶりなのに重さがしっかりあるのが成城石井のスコーンなんですよね。

カシューナッツがもうゴロッゴロ入っていて、温めるとカシューナッツの香ばしさがマックス! 全粒粉の風味と相性抜群です。

何もつけず、トースターで温めてそのまま食べるのも美味しいですが、味変するならナッツと相性抜群の蜂蜜をかけるのがおすすめです。

成城石井自家製 北海道産牛乳のやわらかパン・オ・レ 323円(税込)

こちらもニューフェイス!『成城石井自家製 北海道産牛乳のやわらかパン・オ・レ』は、水の代わりに北海道産牛乳を100%使用、ノーマーガリンのシンプルなパン。

手のひらサイズのパンが5個入っています。

トーストで軽く温めると、表面はさくっと、中はしっとり柔らか。上質なバターをつけて食べるのがおすすめです。

ハード系ではなくソフト系のパンを食べたいというとき、スープやシチューなどと一緒に食べるときにぴったりです。

成城石井自家製 滋養卵のもっちりたまごパン 431円(税込)

菓子パンなら『成城石井自家製 滋養卵のもっちりたまごパン』!

最近リニューアルしたばかりで、さらにパワーアップした逸品です。

甘みとコクが特徴の滋養卵を使用。高温の釜で一気に焼き上げたふわっふわ&もっちりとした食感が特徴のひと口サイズのパンが、8個入っています。

もちろんこちらもノーマーガリン!

口に入れるとバターと卵の風味が広がり、クセになる味なんですよね。

飽きがまったくこない、不思議な魅力のパンでもあります。

質よし、味よし、コスパよしの「成城石井のパン」。

ぜひ食べてみてくださいね。

※取材当時の情報です。最新のお値段等は店舗でお確かめください。

(うまいパン/空人衣)

【関連記事】

おすすめの記事