Yahoo! JAPAN

Vaundy、自身初となる5大都市Zeppツアー& 7月スタート日曜ドラマ『ボクの殺意が恋をした』主題歌に決定 最新曲「benefits」MVも公開

SPICE

Vaundy

Vaundyが、自身初のツアーとなる5大都市Zeppツアーを発表した。2021年9月12日(日)Zepp Nagoyaを皮切りに、10月19日(火) Zepp Tokyoまで 5大都市7公演を回る。本日6月12日(土)より〈オフィシャルサイト最速先行〉を実施するので、Vaundyのオフィシャルサイトをチェックしてみよう。

また、7月4日(日)スタートの日本テレビ系連続ドラマ『ボクの殺意が恋をした』の主題歌をVaundyが担当することも発表された。ドラマのために書き下ろした新曲「花占い」(7/5(月) 0:00配信リリース)で、ドラマを彩る。

そして、6月12日(土) 0時にリリースされた最新配信曲「benefits」のミュージックビデオも公開された。

監督は、isai 脇坂侑希が務め、俳優の里々佳、鈴木康介、桜木那智の3人が出演。「恋愛が統率された世界/様々な愛の形、解釈」をオルタナティブかつシネマティックに表現した意欲作となっている。

Vaundy コメント

今回『ボクの殺意が恋をした』の主題歌を担当させていただきました。Vaundyです。この作品に携われてとても光栄です。このドラマのお話をいただいて、「どんな曲にしよう」と考えたとき一番初めに頭に浮かんだのが「踊り」というキーワードでした。「ドキドキして踊り出したくなるような曲にしたい」。曲をBGMに、踊るような恋をしている登場人物たちの映像が頭に流れ込んできました。画面を通して観ているみなさまに少しでも僕の曲でドキドキを届けられたら。そんな想いからこの曲はできています。楽曲のテーマとしては「実る前の恋」、何年も何千年も恋人になれないままでいる二人のお話です。劇中で聴くとまた違った印象に聞こえてくる不思議な曲になっていると思います。テレビで毎週放送を観るのが今から楽しみです。

中間プロデューサーコメント

殺し屋と暗殺ターゲットが恋してしまう、そんな振り切ったラブコメディにVaundyさんの世界観を埋め込んで欲しいと主題歌のオファーをさせて頂きました。初めてデモを聞いた時、Vaundyさんの魅力的なボーカルと胸が躍るメロディー、そして恋の切なさと希望を紡いだ歌詞に、鳥肌が立ち、ワクワクが止まりませんでした。ドラマの中で描くスリリングな恋を彩ってくれるのはもちろんのこと、「聴いてると恋がしたくなる!」そんな曲だと思います。ドラマと共にVaundyさんの主題歌も是非楽しみにして頂きたいです。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 独断ご容赦!ハヤブサ営業マンおすすめ アフターフィッシング「激旨ラーメン」編 営業部・齋藤智さんの場合 | 沖縄・兵庫

    WEBマガジン HEAT
  2. 【京都】シェフがこっそり教える「一度は食べておくべきテイクアウトグルメ」3選

    anna(アンナ)
  3. 【読めそうで読めない】「鮃」の正しい読み方は?「たい」は間違い?

    LAURIER PRESS
  4. 2021年5月2日オープン Pizzeria La Balena(ピッツェリア ラ バレーナ)

    京都速報
  5. 本当に当たった!ママたちが当選したことがある、すごい懸賞品とは?

    ママスタセレクト
  6. <父娘の里帰り出産>母を亡くしたばかりの実家。孫を心待ちにする父……私は帰るべき?【後編】まんが

    ママスタセレクト
  7. 東京五輪女子バスケで日本が劇的勝利!メダルかけて準決勝フランス戦へ

    SPAIA
  8. <本当はアレルギー>おやつ禁止の理由を「お金を払っていないから」と言う学童の先生に【前編】まんが

    ママスタセレクト
  9. <残酷な孫差別>【後編】実母の孫差別が許せない!非常識な毒親と今後も関わらないといけない?

    ママスタセレクト
  10. 【読めたらスゴイ漢字】「玉蜀黍」なんてよむ?“夏に美味しい黄色い食べ物”です。

    saita