Yahoo! JAPAN

上位指名は投手優先で!西武が2位指名すべき巨人筆頭に12球団注目のドラ1候補右腕とは!?【2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!】

ラブすぽ

上位指名は投手優先で!西武が2位指名すべき巨人筆頭に12球団注目のドラ1候補右腕とは!?【2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!】

2021ドラフト12球団はこの選手を指名しろ!


埼玉西武ライオンズ編

2018年、2019年とリーグ連覇を果たした西武だが、昨季はリーグ3位、今季はBクラスに沈み、CS進出も危うい状況に。強力打線は健在も、主力の高齢化&連覇時から課題だった投手力は未だ解決されていない。“黄金時代復活”へ、果たしてどんな選手を指名すべきか!?

チーム事情から上位指名は投手優先で問題なし

残念ながら今季もリーグ最下位の防御率を記録しそうだ。黄金時代のかつての投手力が嘘のように、低迷が続いている。

打線が元気なうちはいいが、主力打者がFAで移籍している現状、相当、世代交代がうまく進まないと苦しい。今季はケガとコロナ、それによる不調など、打線がチームを支えられなかった。投手力が悪いと下位に低迷するのは当然の帰結だ。

その現場を鑑みると、今季のドラフトも投手力を優先せざるを得ないと言うのが実情だ。

即戦力の獲得はもちろんのこと、エース格の髙橋光成やクローザーの平良海馬にメジャー志向があるだけに、将来性も見据えながら指名を伺っていきたい。

 

即戦力で欲しいのは左腕だ。ルーキー・佐々木健は規律違反などで、今季はほとんど戦力にならず、左腕不足は否めない。若い世代には浜屋将太ら限られた人材しかいない。

1位はトップ評価の佐藤隼輔(筑波大)で決まりだろう。クローザー候補では3位に山下輝(法政大)あたりも狙いたい。W獲得をかなえることができれば、一気にチームのサウスポー陣容は明るくなるはずだ。

将来性では2位指名に達孝太(天理)を挙げたい。ストレートの最速は148キロだが、ラプソードを駆使した先進的なピッチングに高校時代から取り組んでいる。

髙橋光や平良などと会話をすることで、成長スピードも速くなるはず。菊池雄星(マリナーズ)から髙橋光にバトンが渡ったように、今度は2人から達へバトンをつなげていくという絵も描ける。
 

一方、野手の方も外野陣が充実してきたとはいえ、補強ポイントだ。中距離の打てる内野手は狙いたいところ。

候補に挙げられるのは、前川右京(智辯学園)、坂口樂(岐阜第一)の高校屈指のスラッガーだ。また、二刀流を目指す田村俊介(愛工大名電)は左腕でもあり、魅力的な選手だ。

こんな指名はNGだ!

シーズン中に木村文紀をトレードで出したことからも分かるように、外野手の戦力は充実している。ケガの若林の復帰もあるから、即戦力の観点では外野手はいらないだろう。昨年、早川隆久(楽天)を抽選で外して、左投手には苦労したが、今年も重複を恐れず、ナンバーワン左腕を狙いたい。

おすすめ指名順位は2位指名!

●達孝太/天理・投手

出典:『がっつり! プロ野球(29)』

【関連記事】

おすすめの記事