Yahoo! JAPAN

初応募で入選 認知症患う吉田とめ子さん〈鎌倉市〉

タウンニュース

入選作を手にする吉田とめ子さんと夫の龍夫さん

七里ガ浜東在住の吉田とめ子さん(73)が描いた作品がこのほど、上野の森美術館「第34回日本の自然を描く展」で入賞した。

全国から2619点の応募があった同展。吉田さんは初めての応募で、色鉛筆を使いカラフルな作品に仕上げた。

吉田さんは福島県生まれ。「かわいい子供だったわよ」とニッコリ。フルート奏者の龍夫さんと結婚し、鎌倉へ。娘2人を授かり、子供たちの服も自分で作った。人懐っこい性格で「母がいると家の中が明るくなる」と娘さん。人と接するのが好きで、都内の飲食店まで働きに出ていた。

認知症の症状が表れ始めたのは60歳ごろから。現在はデイサービスやホームヘルパーなどを利用している。絵を描き始めたのは1年ほど前。デイサービス「ケアサロンさくら」に通所し始めてから。絵を描くのは楽しいかと尋ねると「うん」とまたニッコリした。

【関連記事】

おすすめの記事